« かんぽの宿と郵政民営化 | Main | プーチンはABBAファン »

February 07, 2009

閉じていくアメリカ

オバマがワシントンポストに投稿までしてなんとか通そうとしていたアメリカの景気対策法案が、ようやく1000億ドル減額でまとまったらしい。

Washington Post  Feb 5
The Action Americans Need
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/02/04/AR2009020403174.html

日経 米上院、景気対策法案に修正案で暫定合意
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090207/biz0902071106004-n1.htm

ロイター Senators reach deal on stimulus bill
http://www.reuters.com/article/topNews/idUSN0142074920090207

問題になったのはバイ・アメリカン条項のほかに、なんとかの一つ覚えみたいに減税がいいって叫ぶ共和党議員。

産経 バイ・アメリカン条項修正可決 米上院、削除案は否決
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090206/amr0902060118001-n1.htm

産経 「バイ・アメリカン条項」大論争 オバマ大統領に“踏み絵
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090203/amr0902031807022-n1.htm

バイ・アメリカン条項…。お得意のアメリカご都合主義の保護主義ですな。クリントン時代のスーパー301条なんかも相当な保護主義っぽかったけど、民主党になると保護主義がわかりやすく出てくるんだよねえ。まあ、そういう時しか政権担当してないというのもあるが。

とはいえコストだけで判断すると、中国製の鉄が安いから使おうなんていうと全部中国製になりかねないからなあ。それがアメリカのいいところでもあったんだけど。この条項の問題点は、上院に行ったら鉄だけじゃなくて工業製品全体に広がっているところだ。しかも必ず使わなきゃいけないってところ。オバマが修正を求めたらしいけど、あまり修正されてないみたいだ。WTO加盟だとちょっと緩くなる程度らしい。 

これまでグローバル化を進めてきた張本人がこんな条項作るなんて、本当にご都合主義だ。オバマも明確に反対していない点が気になる。

もしアメリカがこれを続けるつもりなら、今後は日本に米国産米とか米国産牛肉を買えとか要求しないように。きっと要求するだろうけど。しかもヒラリーは米国債を買えって言いに来るんだろうなあ。金は日本でアメリカ国内で還流させるなんて、間違ってないか?

ま、あと、例によって小さな政府信奉者によって、景気対策用予算も減額されているし。

で、クルーグマンが怒ってます。

Translation Note
がけっぷち By PAUL KRUGMAN 2009.2.5
http://blog.goo.ne.jp/kkt_2008/e/f38b103a293a7ab8c11dfd1e51b33082

オバマの経済プランが成立すれば、アメリカが失われた10年を経験することはないだろう。それもかならずそうとはいえない。僕をふくむ多くの経済学者が、その計画では不足があり、実質的にもっと大きなものでなければと考えている。ただオバマのプランは、われわれの状況をかならずや改善してくれるだろう。だから共和党がこのプランを小さくして、効果をなくそうとするのは、そしてブッシュがやったような減税をもう一回まるまる繰り返すようなものにしてしまうのは、まったく致命的といっていい。

…微妙にそうなってるよな。

とはいえクルーグマンも、オバマの経済プランで、失われた10年を経験しないってのはちょっと甘いんじゃないすかねえ?

経済には詳しくないんだが、設備入れ替えや橋などの公共工事は下支えになるとしても、人の手があまり要らない新エネルギー関連製品で経済勃興は無理だし、自動車もハイブリッドならともかく電気自動車になると部品点数が少なくなるので新興国が先進国と同等の車を作ることができるようになる可能性が高いと思う。

そんでもって肝心なところが抜けている。それはほかの人も指摘しているが原子力関連なのだ。公共工事的に一時的な雇用も作りそうで、エネルギー安全保障にも役立ち、かつ今後20年くらいの電力需要にも、軍事的にも、海外ビジネス展開にもニーズがありそうな原子力関連にオバマの発言はない。

イメージが悪いのはわかるけど、カーン博士も解放されたようだし、アメリカにとって核不拡散を含む世界戦略において原子力研究は必要だろうに。しかも一方で電力用の原子力発電所は何十年も建てられていなくて、現存の発電所は老朽化している。まあ選挙戦では、マケインに問われて原子力は重視していると言ってたけど。

日経 米経済再生諮問会議、GE会長ら起用 オバマ大統領が布陣発表
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090207AT2M0603O06022009.html
GEが入っているあたりで、原子力を考えるんでしょうかね。う〜む。

CNN 「核の闇市場」のカーン博士の自宅軟禁を解除、パキスタン高裁
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200902060026.html

今のアメリカってグローバル化で開きっぱなしになっていた扉を、突然、閉めつつあるって感じにみえますね。というか要塞を作ろうとしている感じ。それも日本の金、というか郵貯の金で(苦笑)。

バイ・アメリカン条項なんてニューディールと同じらしいけど、グリーン・ニューディールも、共和党のおかげで刺激策も減額され期間が短くなり、民主党(?)議員たちの利益誘導でバイ・アメリカンなんてやると、ルーズベルトと同じになって、世界がブロック化されて、戦争しなきゃいけないらしいっすよ。今度は日本も巻き込まれないようにしないとねえ…。でもどうしたら…。

|

« かんぽの宿と郵政民営化 | Main | プーチンはABBAファン »

オバマウォッチ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/43983929

Listed below are links to weblogs that reference 閉じていくアメリカ:

« かんぽの宿と郵政民営化 | Main | プーチンはABBAファン »