« 日米首脳会談 | Main | オバマのロシアへの書簡メモ »

March 01, 2009

中川(酒)というか日本のG7での活躍

どなたかしらないがコメントを寄せてくれた人によれば1000億ドルのIMF融資なんて、日本にとっては大したことないそうなんだが、よそはやってないみたいだし、確か褒められていたよな〜・・・と思ってたんだけど。

youtubeで青山さんの発言を見ていて思い出した。これだこれだ。

AFP IMFへ1000億ドル融資、中川財務相が署名
http://www.afpbb.com/article/economy/2571597/3794950

日本語は素っ気ないんだけど、英語版だとこう。(以下すべてJIN適当訳にて、間違いがあっても許してね)

AFP Japan signs pact lending 100 billions dlrs to IMF
http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5jROjJUX2J-JDW_29jU1T3M8K8nYg

Strauss-Kahn said: "This commitment is the single-largest supplemental financing contribution by an IMF member country ever, and it clearly demonstrates Japan's leadership and continuing commitment to a multilateral approach to global economic and financial challenges."
ストロスカーンIMF専務理事は「この合意は、IMF加盟国の中で、一国での追加融資としてはこれまでで最大の貢献となる。そしてこれは日本のリーダーシップを明確に物語るものであり、世界経済と金融危機への他国間による対応策が継続されるということの証である」と述べた。

ストロスカーン氏とは
Wiki ドミニク・ストロス・カーン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%B3
フランスの大統領候補者にもなったことがある大物らしい

英語で検索してみると、日本の貢献記事は結構たくさん流れている。

テレグラフ
IMF chief Dominique Strauss-Kahn warns second wave of countries will require bail-out
http://www.telegraph.co.uk/finance/economics/4625430/IMF-chief-Dominique-Strauss-Kahn-warns-second-wave-of-countries-will-require-bail-out.html

"The biggest concrete result of this summit is the loan by the Japanese... now I will continue with the objective of doubling the Fund's resources."
「このサミットの最大の成果は日本による融資である。私は基金の資金を2倍にするために努力を続ける」

ロイター G7, IMF fret about emerging market finance gaps
http://www.reuters.com/article/topNews/idUSTRE51E15320090215

Japan led the way on Friday, signing a loan of $100 billion for IMF coffers.
日本は金曜日にその道を開いた。IMF基金への1000億ドルの融資にサインした。

Other countries are expected to follow suit. The G7 underlined their commitment to new cash.
他国もそれに続くことが望まれる。G7は新しい資金の合意を強調した。

European countries have agreed that they will provide new money but they are waiting to see how much China, which is seeking a greater voice at the IMF, is prepared to contribute from its huge surplus.
欧州諸国は新たな資金供与に合意したものの、中国の出方を待っている。中国はIMFで発言権を高めたいと考えており、巨額の余剰資金からどれだけ貢献しようとしているのかを見極めようとしているのだ。

青山さんも言ってたけど、欧米は中国待ちってことらしい。G7に中国は都合よく入っていないので、4月のG20待ち。どうせ後だしじゃんけんで日本より多く出すんじゃないですかね。もしくはビタ一文ださないか。

というわけでほめられてんじゃん。これがどうして報道されないのか。

〜〜と思ったけど、多少報道されていた。扱いがそれほどでもないのは、少し前に出すって宣言しているからなんだけど、こういう国際機関への出資って、出すって宣言しても実行しない国もあるらしいと聞いたことがある。予算と違って出しやすかったんだろうけど、一番最初に言い出したし(早く言い過ぎな面はいなめないが)、それが有言実行だから喜ばれた。

共同 日本、9兆円融資文書に署名  IMFの融資財源を強化
http://www.47news.jp/CN/200902/CN2009021401000181.html

署名に当たりストロスカーン専務理事は「人類史上最大の融資貢献ではないか」などと日本の取り組みを高く評価したという。

日経 最大1000億ドルの支援 IMF専務理事「日本、過去に例ない貢献」
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090214AT2C1400114022009.html

毎日 IMF:融資、日本と正式合意
http://mainichi.jp/select/world/news/20090215ddm008020185000c.html

ついでにガイトナーと何を話したかというと…第二次世界大戦だった。13日まではかなりまともだな。

毎日 中川財務相:保護主義の流れけん制 米長官と会談「世界が懸念」
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090214dde001020034000c.html

さらに中川財務相は1930年代の保護主義の波が第二次世界大戦につながったとして、「日米とも断固として保護主義に反対すべきだ」と迫った。ガイトナー氏は「全面的に同意する」と述べた。

そりゃ酩酊しているように見える会見はフォローしようがないけど、日本人が日本をおとしめる必要はないんじゃない。アホクサ。

以下、青山氏の名発言。

|

« 日米首脳会談 | Main | オバマのロシアへの書簡メモ »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/44212135

Listed below are links to weblogs that reference 中川(酒)というか日本のG7での活躍:

» ウォール街ブリザード!ダウ平均6千ドル台へ急落 [米流時評]
   ||| NYダウ平均6千ドル台へ急落 |||  週明けのニューヨーク株式市場ダウ平均株価、11年ぶりの6千ドル台へ急落  2月まで6か月連続下落を記録した直後の暴落で、明日の世界市場にも影響か 米国時間2009年3月2日 | NBC/MSNBC/CNBC ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee ニューヨーク発 |週明けの月曜、ニューヨーク株式市場は売りの嵐が吹きすさび、ダウ平均株価の終値は過去12年間最低の底値を記録し、7千ドルの大台を割った。この急落は、世界的不況の兆候が... [Read More]

Tracked on March 03, 2009 at 09:55 PM

» ウォール街の真冬はいつまで続くのか?米国アナリストの分析予測 [米流時評]
 ||| ウォール街の真冬と世界経済の底冷え |||  不況が社会問題化する前に、7870億ドルの超大型再生予算の効果は現れるか? 相変わらずオバマの仕事のスピードは早すぎて、追いつくのにやっとだ。 もっともブッシュが8年間に掘り続けた世界規模の落とし穴を、 わずか100日で埋めようとすること自体が、土台人間業ではできない、 巨大な物理的・財政的なスフィンクスなのだから、無理もない。   しかし、オバマはチャレンジしている。   しかも一見何の躊躇もなく、目標を掲げ、責任... [Read More]

Tracked on March 07, 2009 at 09:24 AM

« 日米首脳会談 | Main | オバマのロシアへの書簡メモ »