« 小沢問題あれこれ | Main | オバマ、2度目の記者会見 »

March 25, 2009

ドルに代わる主要準備通貨

G20ではロシアなどがドルに代わる主要準備通貨創設を訴えるらしい。

ロイター 米財務長官・FRB議長、準備通貨創設提案を拒否
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-37140120090324

ロシアは前週、4月の20カ国・地域(G20)首脳会議で、国際機関が発行する新たな準備通貨の創設を提案する方針を示した。

 また中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は23日、国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)が準備通貨として機能する潜在力があると指摘し、ドルに取って代わる可能性を示唆した。

るいねっと G20の争点(アメリカと金貸しの包囲ができるかどうか?)
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=202831

 ロシアは4月の20カ国・地域(G20)首脳会議で、国際機関が発行する新たな準備通貨の創設を提案する。ロシア大統領府がウェブサイトを通じ、提案の草案を明らかにした。
 ロシアは過去数年にわたり、外貨準備に占める米ドルの比率を著しく引き下げてきたが、ルーブルを旧ソ連圏の地域通貨とする提案はほとんど受け入れられていない。
 ロシア政府は「われわれは国際通貨や金融システムの改革を訴える」として、国際通貨基金(IMF)に対し、準備通貨のリストを拡大する可能性や、新たな準備通貨の創設、あるいはIMFの特別引出権(SDR)を「スーパー準備」として用いることについて、調査を行うよう求めた。

新主要準備通貨ってアメロ?って思ったけど、それは北米共通通貨だよな。

阿修羅
いよいよドル崩壊からドル紙切れ化で、国家財政破綻に拍車が掛かるか
http://www.asyura2.com/07/war90/msg/394.html

確か日本はドルの基軸通貨の地位を守るほうについているけど、もしIMFの引き出し権が新基軸通貨になったとしたら、この間、たくさん出した日本はものすごく有利になりそうな気もする。そうなるときっと中国とかも出すんだろうけどね。

この間、LEAP/E2020なるヨーロッパのシンクタンクのネットワークの予測をメモっておいたけど、そこの前提のうちの一つがG20で新主要準備通貨へと動けるかどうかだった。

Jin and Tonic
ガイトナー起死回生の一策
http://jinandtonic.air-nifty.com/blog/2009/03/post-6d99.html

やまはFX
LEAP/E2020の描く恐ろしい未来予測
http://blog.goo.ne.jp/yamahafx/e/604503f8dfa454da185c4727fec8ed45

後者は今後の世界についてだ。4月のG20で画期的な転換がなされる場合となされない場合に分けて、今後の世界を予測している。

画期的な転換とは、複数の通貨をもとにしたバスケット制の新通貨システムの創設に向けて話が展開する場合だ。この場合は、2013年までに世界経済は新通貨体制に転換してゆき、今から5年で回復の軌道にのる可能性があるとする。

そんなわけで、ドル崩壊に向けて世界が準備しようとしているんだが、ドルは基軸通貨の地位を守れるのだろうか。

mylog
世界最強の円の日本がドルの基軸通貨体制を守る
http://kenken5553.cocolog-nifty.com/my_log/2009/02/post-631e.html

米国の国債が売れなければ(言い換えれば、その信用がなくなれば)、FRBも信用がなくなります。蛸(たこ)が、自分の足があるから食料はまだあると言うことと同じ、お笑い草になる。

ふ〜ん。つまり日本が米国債を買い続ける限り、ドルが基軸通貨の地位を守るってことすかね? 

中国はもはや米国債を買うつもりなんてなさそうなんで、すっかり現在のドル資産をあきらめている感があるけどな。

というのも…。ちょっと前に書いておいて、アップしそこなった記事があって、ちょっと長いけど、それをコピペしてみる。

ネットゲリラさんのところでリンクされていたこれだけど

日本証券新聞
「酔いどれ中川」実は策士!?
 米国債押し付けかわす“高等戦術”
http://www.nsjournal.jp/column/detail.php?id=145786&dt=2009-03-12
…だといいけどね。

まとめてみる。

1月21日 オバマ大統領就任

1月22日 中国が「為替操作」とのガイトナー発言でブチ切れ

2月13-14日 ガイトナー、G7で日本に100兆円購入要請。
       中川(酒)、(酒)戦術で逃げる。

2月14日 米景気刺激法案可決。72兆円規模。財政出動は約5000億ドル(50兆円)。

2月17日 ヒラリー来日も中川(酒)辞任。
     次期総裁小澤にヒラリー詰めよるも
     小澤「だってまだ総理じゃないし」と拒否。

2月24日 米オバマ、麻生首相を呼びつけて食事も出さずに国債購入を迫る。

50兆円で決着

お礼にCIAが小澤つぶし(冗談です…たぶん)

ってことすかね? 

つうことは日本はアメリカの財政出動分の裏書をしたってことか。こうみてみると本当に値切ったのかな。最初から50兆円だったけど、アメリカが吹っかけてきたのかもしれないよなあと思ったりする。麻生首相がアメリカに行ったのは景気刺激法が決まったあとだし。

で、問題の米国債なんだけど、ドルが暴落するかどうかは30年債の売れ行き次第という話があって、日経のこの記事を読んでみる。

日経 【米国債市場概況】続伸、順調な30年債リオープン入札を受け
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/media/djCRQ8747.html

 ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)12日の米国債市場では、今週3度目で最後となる30年債リオープン入札が特に順調だったことを受け、米国債価格は続伸した。

 予想外におう盛な需要の30年債リオープン入札で、総額630億ドルの今週の国債入札は締めくくられた。今週の入札では、3年債と10年債入札も順調だった。どちらもおう盛な需要が見られ、景気刺激策の財源を国債発行で調達している米政府にとっては吉兆となった。


う〜ん。もう日本は国債を買っている模様。だって円が98円台で推移しているしさ。詳しくないけどwalk in the spiritさんの記事を見ての以下のエントリから抜粋するとそう読める。

Walk in the spirit
http://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/200902270000/

で今週、気になっていた米国債入札だが、

  米金融・債券市場=予算案受け下落、7年債入札はまずまずの結果
  [ニューヨーク 26日 ロイター] 午後に行われた1993年以来となる7年債入札はまずまずの結果となり、若干の安心材料となった、

ウウーーン、どーやら日銀ががんばった見たいね、
道理で今週、円安が進んだわけだ、

……だまって日本が買ってたんかい? そんなの暗黙の了解??


一方、次期覇権国に名乗りをあげる中国様はというと…。

杜父魚文庫ブログ
したたかな中国 宮崎正弘
http://blog.kajika.net/?eid=930722

湖南鋼鉄が、オーストラリア金属大手「フォーテマキュー・メタル」に7億7000万ドルと投資して株式を買い、筆頭株主へ。(同社の16・5%株主)。

この発表前に豪企業代表は北京へ飛んで、CIC(中国投資公司)の楼会長と面会している(2月18日、フィナンシャルタイムズ)。
 
買収資金は、おそらくCICが用立てているようだ。

さきにも中国のシナルコ社(CHINALCO)が、世界最大鉱山企業「リオ・テント」(英豪合弁、もとはアングロアメリカン系)にポンと195億ドルの出資を決めたばかり。

「もう米国債は買わないし、欧米企業買収は控える。欧米のヘッジファンドには投資しない」と楼会長は昨秋に言明していたが、基本路線の変更であるかのように、年明けとともに世界各地で旺盛な企業買収と鉱区あさりを明確化させてきた。

というわけで、中国国営の投資ファンドは「米国債は買わない」といっているわけだ。日本だけに貧乏くじ引かせて、中国は米国債売っちゃってもいいはずなんだが、全世界1位の米国債保有高なのでそうもいかない。

ビジネスアイ
8%死守へ「追加策準備」 全人代閉幕 温首相表明
http://www.business-i.jp/news/bb-page/news/200903140017a.nwc

 一方、同国が保有している米国債について、懸念を抱いており、投資が安全だとの保証を望んでいると語った。

 温首相は「中国は米国に多額の資金を貸し付けている。当然ながら、その資産の安全性をわれわれは懸念している。正直に言えば、わたしは少々不安だ。米国が良好な信用状態を維持し、約束を守り、中国の資産の安全を確保するよう要請する」と語った。



日本も同じ意見だけど、結局、軍事含めあれこれが自立していないので…。


日々是チナヲチ。
【全人代】ああ科学的発展観が……嘘泣きじゃないよ@温家宝。 
http://blog.goo.ne.jp/gokenin168/e/f63d6143b5e801c0dd724e556eae65fc

ま、そんなわけで、どうでもいいですが中国も大変そうです。

米国債とかの売れ行きなんかはこのときから変わってるけど、流れは変わらないだろうし。結局日本が影のキーマンなのか、置いてけぼりなのか、よくわからん。

|

« 小沢問題あれこれ | Main | オバマ、2度目の記者会見 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Your blog website is very useful. Thank you truly for delivering bunches of both interesting and useful information. I'll bookmark your post and will be surely coming back. All over again, I truly appreciate your entire work in addition to providing plenty of both useful and interesting information and facts for the many people.

Posted by: payday loans canada | August 25, 2010 at 11:32 AM

Your website is very great. I enjoyed your website a lot. Thank you.

Posted by: payday loans toronto | July 02, 2010 at 05:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/44460129

Listed below are links to weblogs that reference ドルに代わる主要準備通貨:

» ニューキャピタリズム・資本活性化を促すガイトナープラン [米流時評]
   ||| ガイトナーのレガシープラン |||  ウォール街が気に入った!ガイトナー提案の「レガシーローン」は日本がお手本? 今回の「つき出し」は、金融システムでの政府介入の度合い……みたいな話題に関する、前号のコメント欄でのやりとりです。 <バンコク愚連隊さんのコメント> オバマのすごいところは その視点の基礎が 「一般的常識」におかれている点ではないかと思います。 今までの発言を見ていると、旧来のしがらみにがんじがらめにされていた 今までの政治家と目線が違いますよね。 ... [Read More]

Tracked on March 29, 2009 at 07:10 PM

« 小沢問題あれこれ | Main | オバマ、2度目の記者会見 »