« 小沢さんねえ… | Main | 日米首脳会談 »

March 01, 2009

オバマ、イラク撤退を発表

オバマと麻生の会談を振り返ろうと思っていたら、オバマがイラクからの撤退を正式に表明したので、とりあえずこちら。

ホワイトハウスHP
Responsibly Ending the War in Iraq
http://www.whitehouse.gov/blog/09/02/27/Responsibly-Ending-the-War-in-Iraq/
兵士たちが嬉しそう…
Remarks of President Barack Obama – Responsibly Ending the War in Iraq
http://www.whitehouse.gov/the_press_office/Remarks-of-President-Barack-Obama-Responsibly-Ending-the-War-in-Iraq/

CNN イラク駐留米軍の戦闘部隊、来年8月末までに撤退 正式発表
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200902280003.html

非戦闘部隊の兵力3万5000人─5万人を残し、イラク治安部隊の訓練や米国が実施している復興支援事業などの護衛に当たる。一部の部隊はテロ掃討作戦などの戦闘に従事する場合もあるとしている。ただ、今年1月に発効したイラク政府との米軍駐留協定に従い、全米軍は2011年末までに撤収する。

オバマ氏は昨年の大統領選で、就任後、16カ月内の駐留米軍撤退を公約。しかし、米軍内の慎重論などを受け、戦闘部隊の撤収を約3カ月遅らせた。イラク駐留米軍の現有兵力は約14万2000人。

まとめると
現在14万2000人→2010年8月3万5000〜5万人→2011年末0人
としてアフガニスタンに注力するということでしょうかね。

イラク撤退ってできるのかなと思ってたけど、最近は治安も安定化しているらしい。とはいえ就任1ヶ月と7日で、本当に撤退を発表したとは…。いやいやすごい。経済対策もやっているのに。

オバマのブレーン、ブレジンスキーがワシントンポストにコメントを寄せていたので訳してみた。あ、例によって適当訳なんで、間違っていたらすみません。他の人のコメントは…まだ読んでません。

WAPO Obama's Plan for Iraq
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/02/27/AR2009022702644.html

ZBIGNIEW BRZEZINSKI
National security adviser to President Jimmy Carter

There's no way of knowing what will happen in Iraq after the United States disengages militarily. The presence of American forces there contains the internal pressures for conflict over unresolved issues (e.g., the future of Kirkuk). It is almost certain that there will be some in the wake of American withdrawal as the Iraqis sort out their political arrangements.
イラク撤退後に何が起きるのか知る事は出来ない。イラクにおけるアメリカ軍の存在はキルクークのような未解決の問題をめぐる紛争への内的な圧力にもなっている。ほぼ確かなことは、なんらかの政治的暴力が起こるだろうということだ。アメリカ軍の撤退をきっかけに、イラクの人々が自らの政治的体制を選び出したときに。

That high probability dictates an important policy conclusion: American disengagement should be undertaken in parallel with an ongoing conference of all of Iraq's neighbors (Iran and Syria in particular) regarding political stability in Iraq. All share a common interest: that conflicts within Iraq should not affect their interests.
このほぼ確実な見込みは、重要な政治的結論を定めている。アメリカの撤退は、特にイランやシリアなどイラク周辺国の現在進行中の会議と並行して行われるべきだということだ。この会議はイラクの政治的安定を目指したものだ。参加者全員がある共通の懸念を抱いている。イラク内の紛争は彼らの利害関係に影響すべきではないと。

A conference on regional security might also help to facilitate a needed U.S.-Iranian dialogue by reducing the Iranian stake in having nuclear weapons. Much the same logic applies to the desirability of simultaneous but tangible progress on the Israeli-Palestinian peace issue. The more rapidly that issue moves toward a resolution, the greater the prospects for stability in the region. In brief, the withdrawal from Iraq has to be undertaken with a wider strategic design in mind.
地域の安全保障に関する会議は、必要とされる米・イラン間の対話を促進するのに役立つだろう。イランの核兵器への投資が減少することよって。ほぼ同じ論理がイスラエルとパレスチナとの和平交渉の同時にしかし実体のある進展への望ましさにも適用されるだろう。より素早い問題解決への動きは、この地域の安定の可能性も大きくなるだろう。簡単にいえば、イラクからの撤退はより広い戦略設計を念頭において行われるものでなければならない。

まあ、最後の文章がいいたいことなんじゃないかと思うけど、訳してみたら普通のことでした。しかし、そういうグランドデザインはあるんだろうかね?

で、これだ。

CNN 6者協議の米首席代表がイラク駐在大使に、オバマ氏が発表
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200902280004.html

新任のイラク駐在米国大使に、北朝鮮核問題をめぐる6者協議の米首席代表を務めたクリストファー・ヒル国務次官補を充てる、と正式発表した。
(中略)
オバマ氏はこの中で、次官補はイラクで今、必要な「プラグマティズムとその手腕」を有していると評価した。

プラグマティズム(Pragmatism) とは、実用主義、道具主義、実際主義とも訳されることのある考え方だそうで。FROM Wiki.

そ、そうなん???え〜〜〜〜〜〜!!!!

|

« 小沢さんねえ… | Main | 日米首脳会談 »

オバマウォッチ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/44206342

Listed below are links to weblogs that reference オバマ、イラク撤退を発表:

« 小沢さんねえ… | Main | 日米首脳会談 »