« 常温核融合? | Main | 今度こそ発射 »

April 05, 2009

G20メモ

G20が終わったので、株価が上がったり、ドルが上がったりしているんだけど、仕事で忙しかったのであまりよく知らないな。ということで、調べてみた。

朝日 〈G20首脳宣言の要旨〉
http://www.asahi.com/business/update/0403/TKY200904030058.html

【成長と雇用の回復】
・来年末までに総額5兆ドルの前例のない協調した財政出動を行い、世界の成長率を4%分押し上げる
・非伝統的な手段を含むあらゆる金融政策を動員する
・世界経済の成長率は来年末までに2%を超えると国際通貨基金(IMF)は推定している。我々は本日合意した行動により成長傾向への復帰が加速することを確信している

【金融監督と規制の強化】
・金融安定化フォーラムの後継の組織として、すべてのG20を含む新しい金融安定化理事会を創設
・金融安定化理事会はIMFと協調し、マクロ経済と金融のリスクに関して早期の警報を出す

【国際金融機関の強化】
・新興国と途上国の成長を支援するため、国際金融機関を通じて8500億ドルを使えるようにする

【保護主義の拒否と国際貿易・投資の促進】
・貿易障壁を設けない措置を1年間延長し、10年末とする。世界貿易機関(WTO)ドーハ・ラウンドの合意の必要性を再確認

【公正で持続可能な回復の確保】
・持続可能で環境に優しい回復という目標に向け、財政出動による投資を活用する

ロイター G20が1.1兆ドルの危機対策で合意、規制強化やIMFへの資金拠出もhttp://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-37311420090402

 ブラウン首相によると、G20首脳は、IMFや他の機関を通じて利用できる新たな資金源として1兆1000億ドル拠出することで合意した。それにはIMFの特別引出権(SDR)2500億ドルが含まれる。
 IMFは5000億ドルの新規資金を得て、独自財源は3倍に拡大する。新規資金のうち400億ドルを中国が拠出することで合意した。
 このうち多くは特に東欧の困難に陥った貧困国の支援に充てられる見通し。

産経 G20 中露がドル基軸に挑戦状 新基軸通貨へ綱引き
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090403/fnc0904032244020-n1.htm

ロンドンで開催された主要20カ国・地域(G20)の金融サミット(首脳会合)で、ロシアが基軸通貨ドルに代わる国際準備通貨の創設を正式に提案した。中国もドル基軸体制の見直しを求めている。外貨準備が豊富な他の新興国が今後同調する可能性もあり、欧州もユーロの地位向上を狙っている。中露の挑戦で、基軸通貨の覇権争いに火ぶたが切られた格好だ。

毎日 クローズアップ2009:G20閉幕 火種残して協調 財政出動、実施で溝
http://mainichi.jp/select/opinion/closeup/news/20090403ddm003020111000c.html

 サミットでは、景気刺激策の実施をめぐり、各国の利害が激しく対立した。
 米国は国内総生産(GDP)比2%規模の財政出動を主張。英国も同調した。G20出発前に追加経済対策の取りまとめを指示した麻生太郎首相は、1日付の英紙フィナンシャル・タイムズで、追加財政出動に慎重なドイツを批判するなど、積極的な財政出動の必要性を強調した。
 英国を除く欧州勢は、失業保険など社会保障制度の充実を理由に「社会保障が、不況時の自動安定化装置として機能している」(サルコジ仏大統領)、「米国とは制度が異なる」(オランダのバルケネンデ首相)と主張する。メルケル独首相は、麻生首相の批判に「本当に無意味だ」と強い不快感を示した。

メルケルが不快感を示したという麻生首相の批判というのはこれだ。

goo 麻生太郎首相、単独インタビュー G20内の分裂を浮き彫りに——フィナンシャル・タイムズ
http://news.goo.ne.jp/article/ft/world/ft-20090401-01.html

過去15年間の経験のおかげで、私たちはどういう対策が必要か承知しています。それに対してアメリカや欧州各国にとっては、今回のような経験は初めてかもしれない。財政出動の重要性を理解している国もあれば、理解していない国もあって、だからドイツは(財政出動に消極的な)発言をしているのだと思います。
また欧州にはマーストリヒト条約(欧州連合条約)があるわけで、英国は採択していない部分があるからこそできることがあるし、もしかしたら採択しているからこそドイツにはできないこともあるのかもしれません。

この期に及んで財政出動しないというのは、日本的に考えるとちょっとおかしいんじゃないかと思ってしまうんだが、ドイツはどうするつもりなのかね。ま、なんらかの事情はあるかもしれないんだけど。

追記:事情ってこういうことかも。

ぐっちーさんの金持ちまっしぐら
8109.53円
http://blog.goo.ne.jp/kitanotakeshi55/e/cd577fcfa5624d47272b234fc34d082f

むしろ東欧の分まで背負ってしまった欧州、特にUKは当面借金を返すのに精一杯で立ち直らないでしょう。

このインタビューからまとめた記事があって、覚書さんが訳してくれている。

今日の覚書
麻生総理、FT紙にきっぱり決意表明
http://blog.goo.ne.jp/kitaryunosuke/e/5717e008c50ff98d947d1928a00c9887


そんなわけで、5兆ドルというのはあまり積み上げのない数字らしいが一応財政出動しましょうねということになった模様。ただ、毎日の分析によれば合意のように各国が本当に財政出動するかどうかは不明だという。日本は別に金融規制に反対していないし、財政出動もすべきって立場と思うんだが、どうして理解してもらえないのかね。しかも時計が日本時間から北京時間になっちゃったらしい(泣)。

産経 G20 日本の存在感低下を象徴?時計は北京時間
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090402/chn0904022304007-n1.htm
正直、どっちでもいいけど。


さて、G20前に「新しい枠組みができなきゃ退席」発言で周囲から一蹴されたりしていて注目していたサルなんだけど、退席もせず、中国にも歩みよったようだ。財政出動より金融規制をしたかったようなんだが、この程度で良かったの? 退席すりゃよかったじゃん?

CNN 仏大統領、G20退席の可能性ありと報道 国内向けパフォーマンスか
http://www.cnn.co.jp/business/CNN200904010003.html

毎日 G20:独仏、金融規制を強調 財政出動優先の米英と溝
http://mainichi.jp/select/biz/news/20090402dde007020024000c.html

朝日 中仏首脳、G20機に歩み寄り チベット問題「和解」
http://www.asahi.com/international/update/0402/TKY200904020285.html

あ、覚書さんの指摘していた、サルコジ酔うの巻はこちら。中川(酒)の酒事件ってバカ正直に反応しすぎなんじゃないのかねえ。


一方のオバマなんだが、「勉強に来た」というだけあって、なんとなくおとなしかったのでは? ま、アメリカ発の不況だしね。

goo オバマ大統領単独インタビュー G20団結呼びかけ——フィナンシャル・タイムズ
http://news.goo.ne.jp/article/ft/world/ft-20090331-01.html

Amr0904030855003n1 産経 G20「歴史的なサミット」 オバマ米大統領評価
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090403/amr0904030855003-n1.htm
この記事のロイターの写真が面白いので、貼っておく。著作権はロイターです。ベルルスコーニとオバマとメドベージェフのばか騒ぎ(?)と胡錦濤の微笑が…。


おまけ:
産経 伊首相の大声に英女王不快 記念撮影「まるで観光客」
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/090404/erp0904040902001-n1.htm

 

|

« 常温核融合? | Main | 今度こそ発射 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/44568804

Listed below are links to weblogs that reference G20メモ:

» G20イブ・サミット開幕前夜の超人オバマ [米流時評]
  ||| G-20 ロンドンサミット開幕前夜 |||  世界経済危機からの再生を目指し、オバマ大統領就任後、初の国際首脳会議へ  ブラウン首相、メドベージェフ大統領、胡錦濤総書記、エリザベス女王と会見 ワシントン政界の裏表に精通する政治評論家で、ニューズウィークのベテランコラムニストのハワード・ファインマン。いつも愛読している彼のサイトコラムで、昨日読んだエントリは傑作だった。そのタイトルもスーパープレッツ。オバマは歴代大統領の中でもスーパーマン並と絶賛していた。 たしかに1... [Read More]

Tracked on April 05, 2009 at 11:22 AM

« 常温核融合? | Main | 今度こそ発射 »