« マケイン来日 | Main | ペイリンの娘 »

April 14, 2009

オバマ、ジャックを派遣

 

オバマの一番の話題といえばこれだろうか。

産経 オバマ政権の危機管理奏功 ソマリア沖海賊から米船長救出
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090413/amr0904131835002-n1.htm

米流時評のysbeeさんによると、この船には米海軍出身者が乗船していたようで。

米流時評
米海軍、海賊人質の船長救出に成功
http://beiryu2.exblog.jp/9590781/

一見普通の輸送船と見えた「Maersk Alabama/マースク・アラバマ号」だが、この船の船長以下メインの乗組員には、歴史あるアナポリス米海軍士官学校卒業の強者がそろっていた。 

AK47 機関銃やロケット砲で重装備した海賊のスピードボートが襲ってきた時点で、この船長はクルー全員に「みな奥へ隠れろ、おれひとりで対処する」と命じ、船へ乗り込んで来た海賊と交渉。その間、船内を徘徊する海賊一人に隠れていたクルー3人が飛びかかって、アイスピックで手を突き刺す、という一幕もあったが、結果的に海賊は船長を人質にして脱出ボートへ閉じ込め海上へ投げ出した。

というわけで気骨のある乗組員ではあったが、船長が最終的に人質になり、そこへオバマが放った「ジャック・バウアー」が船長を救出したわけだ。そうですか、ジャックが本当にいたんですね。わかります。

しかしジャパン・ハンドラーズさんのご指摘もメモしておこう。海賊にも海賊にならざるをえない理由があるらしいんで。

ジャパン・ハンドラーズ
海賊対策には賛成だが・・・・知って欲しい事実もある
http://amesei.exblog.jp/9586779/

infowars.comによると、ソマリア沖に海賊が出現するようになったのは、1991年以降で、きっかけは欧州の産業廃棄物をイタリアのマフィアが請け負って、ソマリア沖に投棄したせいで、沿岸の住民に汚染が広がったことや、多国籍漁業船が、沿岸の魚介類を乱獲して、現地の漁民の仕事を奪ったせいであるという。

ま、ソマリアに派遣された日本の海上自衛隊の武器は銃じゃなくて、音波らしいっすけど。

オバマにまつわる話題はいろいろあるんだけど、多くのブロガーが取り上げていたのがこちら。

ロイター オバマ米大統領の「核なき世界」、前途多難との声が大勢
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-37438220090412

まあ、そりゃ核不拡散への動きは今までもあったけど、そうそううまくはいかないわけで、オバマも生きている間に実現するかはわからないけどと言っているじゃん?ということで前途多難に決まってる。

ところでこれを受けて、我が太郎ちゃんが親書を出すらしい。

朝日 首相、オバマ大統領に親書へ 核の廃絶訴えた演説を評価
http://www.asahi.com/politics/update/0414/TKY200904130288.html

まあいいんじゃないでしょうか?日本としてはアメリカに先制核攻撃を放棄されちゃうと大変みたいだけど。アメリカの傘の意味がなくなっちゃうからね。

それからサウジ国王にお辞儀した件。

読売 オバマ大統領、サウジ国王に“おきて破り”のお辞儀?
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090411-OYT1T00663.htm

米大統領は外交儀典上、外国元首に一切お辞儀してはならないと定められており、波紋が広がりそうだ。

いや、お辞儀しているように見えるなあ(苦笑)。それより外交儀典上「お辞儀をしてはならぬ」とあるのは、さすが、大英帝国から独立しただけのことはある。というか、だから書いてあるんだろうな。エリザベス女王に対してはお辞儀しなかったらしいんだが、確かに王様同士でお辞儀はしないかも。我が天皇陛下はどうされているんでしょうか?

読売 ボー君、ホワイトハウス入り…大統領一家の飼い犬決まる
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090413-OYT1T00781.htm

結局、なんだかんだ言って、ケネディ家の犬をもらったらしいっす。どっちでもいいですが。

それよりこれからの話題はこれだろう。

NYT ‘Surgical’ Bankruptcy Possible for G.M.
http://www.nytimes.com/2009/04/13/business/13gm.html

日経 米政府、GM再建「破産法前提に準備を」 NYタイムズ
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090413AT2M1303I13042009.html

ダイヤモンドオンライン
見えてきたGMとクライスラーの最期
http://diamond.jp/series/siliconvalley/10017/

|

« マケイン来日 | Main | ペイリンの娘 »

オバマウォッチ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

YSBEEさん、ご紹介いただき、ありがとうございます。恐縮です。

ジャック・バウアーはシールズじゃなくて陸軍のほうのデルタフォース出身でしたね。

3人同時に射殺というのは知りませんでした。地上ならいざ知らず、海の上でできるとはシールズはすごいですね。

Posted by: JIN | April 17, 2009 at 07:32 AM

JINさん、エントリ中のご紹介、いつもありがとうございます!
私の方で昨日アップした冒頭でも、このエントリを紹介させていただきましただす。(黒ヤギさん?)

米国では、人質救出後も内輪の詳報が次々上がってきて、映画そこのけのSEALsのワザに感嘆しておりまする。

まあ、殺しのライセンスのハナシなので、子供には毒なんでしょうけど、余りにも見事な作戦展開で、JINさんがジャック・バウアーを見たように、私はジェイソン・ボーンを、思わず思い浮かべてしまいましたよ。

普段は戦争大キライの私ですが、こういう状況だと、やはり頼りになる軍隊はあったほうがいい・・・と思ったり。
SEALsに憧れる男の子が、どっと増えたんじゃないでしょうかね。ヤバイ気もしますが。

Posted by: 米流時評 ysbee | April 16, 2009 at 08:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« マケイン来日 | Main | ペイリンの娘 »