« 今度こそ発射 | Main | オバマ、北朝鮮の飛翔体を「ミサイル」と断定 »

April 05, 2009

ジョン・スチュワートVS CNBC

gooの加藤さんのファンなのだが、この記事を半月遅れで読んだ。

危機に怒るアメリカ、コメディアンの戦いを注視 
コラム「東京から見るオバマのアメリカ」(7回目)
http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/world/gooeditor-20090317-02.html

ジョン・スチュワートが、CNBCの報道姿勢を批判し、1週間にわたり繰り広げたバトルについての記事である。なかなかおもしろかったんだけど、見ないとわからないなあと思って、それを拾ってみた。

というわけで、以下、記事からの引用とビデオを組み合わせてみた。

以下引用。引用部分は色を変えます。

このところ一週間ほどアメリカではかなりの話題だったこと(テレビでも新聞でもブログでも)。それが「ジョン・スチュワート対CNBC」騒動だ。この騒動自体は決してニュースとは思えないが、それにアメリカがこれほど注目したという現象そのものが、今のアメリカの国民感情を如実に示した。その意味で、この騒動はとてもニュース性の高い出来事だった。

私のこのコラムでは何度も取り上げてきたジョン・スチュワート。公平性を期すためにはっきり書くけれども、私ははっきり言って大ファンだ。彼の風刺センスの鋭さと、理路整然とした頭のよさ、そして本質的に真当で真摯な人間性という取り合わせは、実に見事だ。

そのスチュワートが司会と編集長を務めるケーブル番組「The Daily Show」で3月4日、米NBC系ケーブルテレビの経済ニュース専門チャンネル「CNBC」をこてんぱんに批判したのが、ことのきっかけだった。

CNBCに登場する様々な、ジャーナリストなのかアナウンサーなのかコメンテーターなのか芸人なのかはっきりしない人たちがいかに、「買いだ買いだ買いだ」と市況アドバイスを垂れ流し続けたか。それを「The Daily Show」はお得意のビデオクリップの羅列で露呈した。

<中略>

スチュワートは「CNBCの金融の専門家たち」が口々に自信たっぷりに「○○社は大丈夫、買いだ、買い」「もうサブプライムは終わった。買いだ買い」と、実際の市況とは全く裏腹なアドバイスをし続けるビデオクリップを次々と皮肉たっぷりに紹介。そしてこう結論した。

「CNBCのアドバイスをずっと聞いていたら、今頃は手元に100万ドル残ってるはずだ。……そもそも、最初に1億ドルもっていたなら、だけど」

そもそもスチュワートはこうやって、特定のコメンテーター個人ではなく、CNBC全体を批判していた。ところがその中のひとりで(ベア・スターンズ破綻の6日前に「ベア・スターンズは大丈夫だ!」と叫んでいた)ジム・クレーマーという人気のテレビ・パーソナリティ(ゴールドマン・サックス出身の元ヘッジファンド経営者)が、ご丁寧にもわざわざ「The Daily Show」に反論し始めたのだ。「ジョン・スチュワートはコメディアンじゃないか! 彼がやっているのは、バラエティじゃないか!」と。

3月4日

The Daily Show With Jon Stewart M - Th 11p / 10c
CNBC Financial Advice
comedycentral.com
Daily Show Full Episodes Economic Crisis Political Humor

JIN注:ジム・クレーマーって、3分9秒あたりに出て来る人だ。

<中略>

そのスチュワートに批判されて、「だってあいつはコメディアンじゃないか! 奴の番組はバラエティじゃないか!」と反論したジム・クレーマーの番組「Mad Money」(狂った金、怒りの金、とでも言う意味か)というのは、「○○は買いだ、○○は売りだ、市場はこういう風に動く」という「分析」を、ベルやブザーや銅鑼や木琴やシンセサイザーを使った色々な効果音と共に、血管が切れそうなハイテンションで叫びながら繰り出すというものなのだが。

そのクレーマーの「反論」をスチュワートが座視するわけもなく、それから「The Daily Show」は9日の放送、10日の放送、11日の放送で相次いで、クレーマーとCNBCとNBCを笑い飛ばしながら批判し続けた。「いったいどっちがバラエティなのか」と。「自分たちは真実を伝えるふりをして、いい加減な予想をまことしやかに垂れ流すな」と。CNBCとコメンテーターたちがいかにウォール街に都合のいいことばかりを繰り返していたか、金融機関がありえないレバレッジをかけたマネーゲームに狂奔しているか知りながら市場への信頼を訴えていたか、それでいかに金融の専門家ではない視聴者が不利益をこうむったか、辛辣にこき下ろし続けた。

3月9日

The Daily Show With Jon Stewart M - Th 11p / 10c
In Cramer We Trust
comedycentral.com
Daily Show Full Episodes Economic Crisis Political Humor

3月10日

The Daily Show With Jon Stewart M - Th 11p / 10c
Basic Cable Personality Clash Skirmish '09
comedycentral.com
Daily Show Full Episodes Economic Crisis Political Humor

3月11日

The Daily Show With Jon Stewart M - Th 11p / 10c
Jim Cramer Battle
comedycentral.com
Daily Show Full Episodes Economic Crisis Political Humor

The Daily Show With Jon Stewart M - Th 11p / 10c
Daily/Colbert - Betting on Jim Cramer
comedycentral.com
Daily Show Full Episodes Economic Crisis Political Humor

国民に人気のテレビ・パーソナリティ同士が、メディアを介して舌戦を連日繰り広げるという、ちょっとした異常事態。そして(ケーブルとは言え)世論形成に強い影響力をもつ番組が、三大ネットワーク系テレビ局の報道姿勢を断罪し続けたという、なかなか日本に置き換えようとしてもプレイヤーが思いつかない事態。それが、ここ一週間ほど、多くのアメリカ人の注目を集めていたのだ。

<中略>

「コメディアンvs金融エキスパート」のこのバトルは、実はスチュワートのメディア批判から発したものなのだが、それでも米メディアは他人事のように面白おかしく伝え続け、メディアが「本当に大事なニュース」の傍らでこういう「耳目を集めるが本当にニュースかどうか疑わしい」現象をやたらと取り上げる奇妙さを、またスチュワートが番組で皮肉るというグルグル状態の最終局面。ついにいよいよクレーマー自身がスチュワートの番組に出演した(これは大した勇気のいることだったと、ネットや紙メディアを見渡す限り、大方が評価)。

JIN注:3月12日に結局、ジム・クレーマーが登場。

その3月12日のビデオ

The Daily Show With Jon Stewart M - Th 11p / 10c
Intro - Brawl Street: Get Ready to Buy Low! And Sell Die
comedycentral.com
Daily Show Full Episodes Economic Crisis Political Humor

The Daily Show With Jon Stewart M - Th 11p / 10c
Bern After Pleading
comedycentral.com
Daily Show Full Episodes Economic Crisis Political Humor

The Daily Show With Jon Stewart M - Th 11p / 10c
Jim Cramer Pt. 1
comedycentral.com
Daily Show Full Episodes Economic Crisis Political Humor

The Daily Show With Jon Stewart M - Th 11p / 10c
Jim Cramer Pt. 2
comedycentral.com
Daily Show Full Episodes Economic Crisis Political Humor

The Daily Show With Jon Stewart M - Th 11p / 10c
Jim Cramer Pt. 3
comedycentral.com
Daily Show Full Episodes Economic Crisis Political Humor

迎えるスチュワートとスタッフは、クレーマーが過去に「ヘッジファンドとしてどうやって市場を操作してきたか」と語っているビデオを掘り起こしてきて、本人の目の前で流すなど、徹底的に準備と予習をしていた。そしてスチュワートは、ウォール街のやりようを知りながらもCNBCが「買い買い買い」「市場は大丈夫」と言い続けている間、ウォール街のマネーゲームはどんどん加熱し、バブルは膨れ上がり、そして今や多くの一般国民は資産を失い、家を失い、「401k(確定拠出型の企業年金)」もどんどん目減りして失われてしまったのだと、ぐいぐいと相手を追い詰めた。

それを前にクレーマーはひたすら「確かに私たちはもっときちんと取材するべきだった。CEOたちのウソをそのまま真に受けるべきでなかった」と低姿勢に謝る体たらく。(「The Daily Show」いわく)「一週間も続いた世紀の対決」の決着をつける「がっぷり四つ」の論戦バトルになるはずだった対談は、ちょっと肩透かしな感じさえして、スチュワート側の圧勝だった(これもネットや紙メディアを見渡す限り、大方がこの評価)。

<後略>

そんなわけで、まあ、ジョン・スチュワートも大変だというか、これ幸いに番組にしちゃうあたり、なかなか面白いのでクリップさせていただきました。英語が分かるともっと面白いはずなんだけど、私は雰囲気しかわからないのが残念。分かる方のみ加藤さんのコメントとともにお楽しみいただければ。でも加藤さんの記事の全文じゃないので、必ずgooの本文をお読みください。


追記:ジョンとジムがごっちゃになっていたので直しました。グーグルには間違ったまま拾われてる・・・。

|

« 今度こそ発射 | Main | オバマ、北朝鮮の飛翔体を「ミサイル」と断定 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Greetings everyone, This webpage is excellent and so is how the matter was expanded. I like some of the comments as well although I would prefer we all keep it on topic in order add value to the subject. It will be

Posted by: canadian payday loans | September 22, 2010 at 05:23 AM

This article gives the light in which we can observe the reality. This is very nice one and gives in-depth information. Thanks for this nice article

Posted by: payday loans online | September 21, 2010 at 05:37 PM

Your blog is very useful. Say thanks to you truly for giving plenty of useful info. I will bookmark bookmark your blog and will be without doubt coming back. Yet again, I truly appreciate all your work and in addition delivering a great deal of effective facts for the audience.

Posted by: pay day loans | August 25, 2010 at 10:44 AM

Your website is very the most informative. I loved your website a lot. Thank you.

Posted by: cash advance | July 02, 2010 at 02:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/44572387

Listed below are links to weblogs that reference ジョン・スチュワートVS CNBC:

« 今度こそ発射 | Main | オバマ、北朝鮮の飛翔体を「ミサイル」と断定 »