« 今日からはマスク必携かもね | Main | ナイはなかった »

May 19, 2009

オバマが新しい自動車燃費政策を発表するらしい


英語が全く上達しないので、ほとほと困っているのだが、POLITICOのこの記事が目に止まったので訳してみる。超適当訳です。

POLITICO Obama plans new fuel limit by 2016
http://www.politico.com/news/stories/0509/22650.html

President Barack Obama will announce plans on Tuesday for a national fuel-economy and greenhouse-gas standard for automobiles in an effort to give more certainty to car companies as they struggle for survival, industry and administration sources told POLITICO on Monday.

オバマ大統領は火曜日に自動車における燃費(?)と温室効果ガスの標準に関する計画について発表する。生き残りをかけて戦っている自動車会社をより確かなものにするためのものとなるだろうと、自動車産業と政府関係者筋は月曜日、語った。

The administration will bill the tailpipe-emissions announcement as historic, because it avoids a patchwork of standards and has won agreement from so many stakeholders, including automakers, state governments, the Department of Transportation and the Environmental Protection Agency.

政府は排気ガス関連の発表を予定しているが、それは歴史的なものになるだろう。なぜならそれはつぎはぎの標準ではなく、多くの関係者から同意を勝ち取っているからだ。自動車会社はもちろん、州政府、交通省、環境保護局などからも。

The national emissions policy for autos, which will ramp up to a new mileage-per-gallon standard in 2016, will harmonize the CAFE standard and the EPA's greenhouse-gas standard, so that industry will not have to worry that the administration will regulate those on separate tracks.

この全米自動車排気ガス政策は、2016年までの新しい燃費標準を引き上げるもので、欧州大気清浄標準と環境保護局の温室効果ガス標準とも合致している。このため政府がこれとは別の標準を作ることを産業界は心配していない。

どうも、オバマが新しい燃費標準を発表するらしい。突出したものではなさそうだけど、さてどうですかね。日本企業がギャ〜といわない内容だといいんだけど。

ところで、ローマ法王がイスラエルを訪問していたらしい。しかし、イスラム教とユダヤ教の地で、キリスト教の法王にとっては難しい訪問となったようだ。

読売 ローマ法王、無念の帰国…中東歴訪は各地で不評に
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090516-OYT1T00030.htm

ロイター ローマ法王がベツレヘム訪問、パレスチナ主権国家を支持
http://jp.reuters.com/article/domesticFunds/idJPnJS836257420090514

ABCニュースより(ABCは埋め込めないようなんでリンクだけ)
http://abcnews.go.com/video/playerIndex?id=7598914

一方、アメリカではオバマがカトリックのノートルダム大学(ここって「ホワイトハウス」のバートレット大統領の出身校だよな)で演説して、妊娠中絶問題でヤジが飛んだそうで。どうでもいいですが、アメリカはいつまでこの問題で論争しているんですかねえ…。

そんでもってオバマもイスラエルの首相と会ったらしい。

NYT Obama Meets With Israeli Prime Minister
http://www.nytimes.com/2009/05/19/world/middleeast/19prexy.html

共同 2国家共存への対応焦点 米イスラエル首脳会談
http://www.47news.jp/CN/200905/CN2009051801000956.html

そんなわけで、中絶問題はともかく、パレスチナ問題ではいろいろと動きがあるようだ。

|

« 今日からはマスク必携かもね | Main | ナイはなかった »

オバマウォッチ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Thanks for making such a killer blog. I come on here all the time and am floored with the fresh information here.

Posted by: payday loans canada | September 22, 2010 at 09:12 AM

Thanks for sharing your thoughts. Take care.

Posted by: online loans | September 21, 2010 at 09:26 PM

uxvqqngrznmqhjyhqaetfdngbgmobjbqjqw

Posted by: bc loans | September 02, 2010 at 09:20 AM

Your post is very useful. Give thanks to you so much for sharing so much essential important information. I will bookmark your web site and will be most definitely coming back. Once again, I respect your work together with providing abundance of powerful information to the readers.

Posted by: payday loans online | August 25, 2010 at 09:41 AM

jinandtonic.air-nifty.com is great! Payday Loans Acquire Instant Finance Until Payday to Pay Out Debt

Posted by: toronto payday loans | July 12, 2010 at 04:44 AM

Your website is very great. I liked your website a lot. Thank you.

Posted by: bad credit loans | July 02, 2010 at 10:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/45060035

Listed below are links to weblogs that reference オバマが新しい自動車燃費政策を発表するらしい:

» アメリカの夜と霧・9/11とイラク戦争のパンドラの箱 [米流時評]
    ||| アメリカの夜と霧の夜明け |||  テロ戦争捕虜に対する自白強要拷問で明らかになる、ブッシュ政権の嘘と陰謀  米国がついに開けたパンドラの箱、イラク戦争の侵攻事由はやはり捏造だった イラク戦争時代のCIAの拷問が、憲法違反・戦争犯罪に問われるかどうか? という、ブッシュ体制の国家犯罪的本質を暴く状況が、今春から問題化している。オバマにとっては、自らの政治の倫理観を問われるもっとも厄介な問題である。 政経両面でのアメリカの再生と復活を目指すオバマ体制では 大統領は、こ... [Read More]

Tracked on May 21, 2009 at 05:15 PM

« 今日からはマスク必携かもね | Main | ナイはなかった »