« オリンパスペンに迷う | Main | なるほどサイバーアタック »

July 11, 2009

ウイグルはどうなるのか

新彊ウイグル自治区における虐殺。ウイグルの人々の顔は明らかに漢民族とは違う。宗教もイスラム教徒だ。1年前はチベット騒乱があった。あれだけ広い多民族国家を、漢民族で支配しようというやり方はもう破綻しつつあると思うのだが。真の大国になるには、異民族も満足するような国づくりが必要になると思うけどね。

米流時評
中国西域 新彊ウイグルの大虐殺
http://beiryu2.exblog.jp/9951173
中国西域マイノリティリポート
http://beiryu2.exblog.jp/9961950/

東アジア黙示録
ウルムチ 奪われた金曜日…胡錦濤サミット放棄の謎
http://dogma.at.webry.info/200907/article_5.html

中国日報 Rebiya's fake evidence only fools herself
http://www.chinadaily.com.cn/china/2009-07/09/content_8403394.htm

ステージ風発 
「ウイグル人の死者は3000人にも」――カーディル女史が言明
http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/1125836/

ウイグル情報を発信しているブログ

真silkroad?
http://kok2.no-blog.jp/tengri/

真silkroad? ウイグル女性の強制連行レポート
http://kok2.no-blog.jp/tengri/2008/02/post_9aa3.html

台湾は日本の生命線!
中国が女性を強制連行中—ウイグルの未婚者を年間八万人!
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-668.html

60年以上前の日本を非難するならば、今の自分たちも律してほしいのだが。そういえば、こんな産経抄もあったらしい。

産経 【産経抄】7月8日
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090708/chn0907080308001-n1.htm

 ▼現地では理由も告げずに警察が多数のウイグル族の住民を連行しているという。残された子供も心配だ。黒柳徹子さんやアグネス・チャンさんら人権擁護に熱心な芸能人や文化人のみなさんも中国政府に自制を求めてはいかがだろう。

こういう問題のとき、こうした方々は必ず口をつぐむ。日本のことなら言えるのにね、アグネス。しかし 日本の政治家だって言ってないな。

それにしても少々気になるのは、今回の争乱がとても間が悪いというか、良すぎるのではないかということだ。だってG8のときだしね。胡錦濤が帰るのも、人権侵害を言われたくないからだということ以外に、政治的な抗争もからんでいるようで。

JCIA ウイグル争乱の黒幕は江沢民です(有料)
http://www.j-cia.com/article.php?a=5198

杜父魚文庫ブログ
胡錦涛が急遽帰国の真相 宮崎正弘
http://blog.kajika.net/?eid=970728
血の弾圧をすればするほど出世する 宮崎正弘
http://blog.kajika.net/?eid=970975

さて中国はウィグル自治区の騒擾における死者の数を増やした。184名。犠牲者の民族構成は漢族の犠牲が74%だって!(新彊ウィグル自治区の最新の人口構成は漢族が73%)。この数字は信憑性が薄い。ま

まあ、例の下院の決議なんで、余り拘束力はないですがこんなことも。

産経【ウイグル暴動】米議員が中国糾弾決議案を提出
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090711/amr0907111639007-n1.htm

<追加>

|

« オリンパスペンに迷う | Main | なるほどサイバーアタック »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

散策さん
青山さんがビデオの2番目でその件について話しています。まあ、不満分子にとって信じたいデマだったということなんでしょう。原因解明はほとんど期待できないでしょう。それより、チベットやウイグルの事件が、本当に青山さんが触れたようなベルリンの壁崩壊への序章となるのか。そうなった場合、日本はどうするのか。ウイグルも心配ですが、やはり日本への影響も今から考えておかないといけないんじゃないかと思いますね。

Posted by: JIN | July 12, 2009 at 11:55 PM

JINさん、こんにちは。トラックバック通ってますよ。
二回目以降は、スパムトラックバック防止で保留扱いになってました。
ysbeeさんのところにもコメントしたのですが、RE:SUKIさんのところで、再雇用を拒否された人が、「6人のウイグル人男性により2人の罪もない少女がレイプされた」と、インターネット上に虚偽の書き込みを行い、虚偽の書き込みを真に受けたグループがウイグル人従業員を襲撃し6/26の惨事になったことを見ました。またその抗議デモが7/7の事件になったことも。中国当局はレイプ事件をデマと注意を促していたとRE:SUKIさんのところで拝見したのですが、信じてもらえなかったのでしょうか?それとも広報が足りなかったのでしょうか?事態の沈静化を第一に、そして、原因解明を期待します(むりかな)。

Posted by: 散策 | July 12, 2009 at 04:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/45601624

Listed below are links to weblogs that reference ウイグルはどうなるのか:

» 中国西域マイノリティリポート 少数民族ウイグル人決死の抵抗 [米流時評]
   ||| 中国西域マイノリティリポート ||| 新彊ウルムチ「血の日曜日」の虐殺と3万名出兵は、中国政府の少数民族殲滅政策 昨年のチベット弾圧に続く血の粛正、西域ウイグル人虐殺は辺境植民地戦略の一環 【西域騒乱レポート2日目】少数民族と漢族の対立激化浮き彫りに 米国時間 2009年7月6日 | 中国 新彊ウイグル自治区 ウルムチ発 血の日曜日から一夜明けたウルムチの街の中央にある広大なバザール。この界隈は主にウイグル人の居住区であるが、グリーンのヘルメット、迷彩服、防弾チョッ... [Read More]

Tracked on July 16, 2009 at 07:17 AM

» 中国武装警察・ついに始まった恐怖の人間狩り [米流時評]
   ||| 中国武装警察、恐怖の人間狩り ||| 全体主義国家中国の血の粛正 ついに始まった中国武装警察の大規模「人間狩り」 チベット、ウイグル、内モンゴル…西域に甦る20世紀の亡霊、辺境植民地政策 【西域騒乱レポート3日目】 中国終焉のはじまり:中国経済を支える「辺境植民地主義」の破綻 北京の中共政府は、チベット騒乱のときには 「インドに亡命中のチベット人の精神的指導者である  ダライ・ラマが暴動を煽動した」と非難した。 もっともダライ・ラマ法王は、この胡錦濤政権の中国... [Read More]

Tracked on July 16, 2009 at 07:21 AM

» 中国の新彊ジェノサイドに アルカイダが復讐宣言 [米流時評]
   ||| 少数民族、復讐するは我にあり |||  中国の新彊自治区ウイグル人弾圧虐殺に沈黙を守る、利害関係重視のアラブ国家  トルコ「ジェノサイド」、中国製品ボイコット、アルカイダ「在外中国人に復讐」 チベット、ウイグルと、中国政府の目に余る辺境自治区弾圧政策。 その軋轢に対する憤懣が、ついに暴発した、新彊ウルムチの動乱。 それに続く、漢族中国人の自警団による、ウイグル人の拉致虐殺。  辺境の少数民族に対する、あまりにも明白な弾圧と民族殲滅政策。  チベット人は敬虔な... [Read More]

Tracked on July 19, 2009 at 07:37 AM

« オリンパスペンに迷う | Main | なるほどサイバーアタック »