« オバマ アフリカで演説 | Main | 「つばさ」人気じゃん »

July 17, 2009

三宅一生 閃光の記憶

ニューヨークタイムズに掲載された三宅一生氏の寄稿を、不肖JINが訳してみました。

New York Times
A Flash of Memory
http://www.nytimes.com/2009/07/14/opinion/14miyake.html

IN April, President Obama pledged to seek peace and security in a world without nuclear weapons. He called for not simply a reduction, but elimination. His words awakened something buried deeply within me, something about which I have until now been reluctant to discuss.

この4月、オバマ大統領は核兵器のない世界平和と安定をうたった。彼は言った。ただ、減少させるだけでなく撲滅させるのだと。彼の言葉は私の心の奥底に眠っていた何かを起こすことになった。私が口に出すのをためらってきた何かを。

I realized that I have, perhaps now more than ever, a personal and moral responsibility to speak out as one who survived what Mr. Obama called the “flash of light.”

私は気付いたのだ。私はおそらく今まさに、個人的にもモラル的にも責任があることに。オバマ大統領が閃光と呼んだ、まさにその中を生き抜いた者の一人として語る責任があることに。

On Aug. 6, 1945, the first atomic bomb was dropped on my hometown, Hiroshima. I was there, and only 7 years old. When I close my eyes, I still see things no one should ever experience: a bright red light, the black cloud soon after, people running in every direction trying desperately to escape — I remember it all. Within three years, my mother died from radiation exposure.

1945年の8月6日。世界初の原子爆弾が私の故郷、広島に落とされた。私はそこにいた。たった7歳だった。まぶたを閉じると、今でも誰も経験すべきでない光景が目に浮かぶ。明るい赤い光、そのすぐあとに現れた黒い雲。さまざまな方向に必死に逃げまどう人々。私はそのすべてを覚えている。3年もたたずして、私の母は放射線被爆が原因で亡くなった。

I have never chosen to share my memories or thoughts of that day. I have tried, albeit unsuccessfully, to put them behind me, preferring to think of things that can be created, not destroyed, and that bring beauty and joy. I gravitated toward the field of clothing design, partly because it is a creative format that is modern and optimistic.

私はあの日の記憶や思いを誰かとわかちあおうと思ったことはなかった。私はそれらを背後におしやり(うまくいかなかったが)、破壊より創造的なことを考えようとした。美や喜びをもたらすものを。私は服飾デザインに惹かれた。それは近代的で楽観的な創造的方式であるという面があったからだ。

I tried never to be defined by my past. I did not want to be labeled “the designer who survived the atomic bomb,” and therefore I have always avoided questions about Hiroshima. They made me uncomfortable.

私はその過去に自分が定義づけられないようにしようと思った。原爆から生き残ったデザイナーというレッテルを貼られたくなかった。だから私はいつも広島についての質問に答えるのを避けてきた。その質問をされると嫌な気分になった。

But now I realize it is a subject that must be discussed if we are ever to rid the world of nuclear weapons. There is a movement in Hiroshima to invite Mr. Obama to Universal Peace Day on Aug. 6 — the annual commemoration of that fateful day. I hope he will accept. My wish is motivated by a desire not to dwell on the past, but rather to give a sign to the world that the American president’s goal is to work to eliminate nuclear wars in the future.

しかし今、私は気付いたのだ。もし我々が核兵器のない世界を求めようとするならば議論は避けて通れないことに。広島ではオバマ大統領を8月6日という、運命的な日を記念して制定された世界平和記念日に招待しようという動きがある。オバマ大統領にはぜひ招待を受けていただきたい。私がそう望むのは過去にこだわっているからではない。アメリカの大統領の目標がこれから来るべき未来に向けて核戦争を撲滅することなのだと世界に向けて発信することになる。だから、私はそう望むのだ。

Last week, Russia and the United States signed an agreement to reduce nuclear arms. This was an important event. However, we are not naïve: no one person or country can stop nuclear warfare. In Japan, we live with the constant threat from our nuclear-armed neighbor North Korea. There are reports of other countries acquiring nuclear technology, too. For there to be any hope of peace, people around the world must add their voices to President Obama’s.

先週、ロシアとアメリカが核兵器の縮小に向けた合意文書に署名した。これは重要なことである。しかし、私たちはナイーブではない。誰もたった一人で、そしてどの国もたった一つの国で、核戦争を止めることなどできないのだ。日本に住む私たちは常に、核武装する隣国、北朝鮮の脅威にさらされている。他の国も核技術を持とうとしているというレポートもある。平和への希望を求める世界中の人々は、オバマ大統領の声に、自分たちの声を重ねなければならない。

If Mr. Obama could walk across the Peace Bridge in Hiroshima — whose balustrades were designed by the Japanese-American sculptor Isamu Noguchi as a reminder both of his ties to East and West and of what humans do to one another out of hatred — it would be both a real and a symbolic step toward creating a world that knows no fear of nuclear threat. Every step taken is another step closer to world peace.

もしオバマ氏が広島の平和大橋を渡ったならば——平和大橋の欄干は日系アメリカ人彫刻家のイサム・ノグチにより設計された、東西融合のすばらしさと、人間が他への憎しみによって成し遂げてしまったことを想起させるものだ——それは核脅威の恐れのない世界へ向けた、本物の象徴的な一歩となるだろう。そして、その一歩一歩が世界平和へ近づく歩みとなるだろう。

Issey Miyake is a clothing designer. This article was translated by members of his staff from the Japanese.

三宅一生は服飾デザイナー。この記事は日本語から彼のスタッフによって翻訳された。

END

ISSEI MIYAKE
http://www.isseymiyake.co.jp/

AFP「被爆していた」三宅一生さん、オバマ大統領に広島訪問を呼びかけ
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2621453/4361202

NYT A Sign to the World: Let Leaders Gather in Hiroshima
http://www.nytimes.com/2009/07/16/opinion/l16hiroshima.html

日本語原文が朝日新聞に出ていたようです。
今日の平凡社
三宅一生「閃光の記憶」
http://heibonshatoday.blogspot.com/2009/07/blog-post_16.html

Jin and Tonic
オバマのプラハにおける核廃絶演説
http://jinandtonic.air-nifty.com/blog/2009/04/post-c97d.html


参考:前広島市長の言葉

電気新聞クロストークエネルギー
第4回「原子力の平和利用」
http://www.denkipodcast.com/

電気新聞メディア事業局 - 電気新聞Webラジオ クロストーク エネルギー - 電気新聞Webラジオ クロストーク エネルギー ←iTunesが立ち上がります(Podcast)

|

« オバマ アフリカで演説 | Main | 「つばさ」人気じゃん »

オバマウォッチ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

ulfnwagvouzscfultrriatmutjujeofifgt

Posted by: loans bc | September 02, 2010 at 08:20 AM

Your weblog is very useful. Give thanks to you greatly for providing a whole lot both interesting and useful ideas. Most definitely i'll bookmark your website and will be without doubt coming back. Yet again, I appreciate your work furthermore providing plenty of helpful . tips for the people.

Posted by: pay day loans | August 25, 2010 at 08:40 AM

jinandtonic.air-nifty.com is great! Month Payday Loans Surmount Sudden Financial Awkwardness If you are facing such monetary crunch and seeking instant aid then you can consider the month payday loans

Posted by: toronto payday loans | July 12, 2010 at 03:54 AM

Your website is very great. I liked your website a lot. Thank you.

Posted by: loan | July 02, 2010 at 06:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/45654941

Listed below are links to weblogs that reference 三宅一生 閃光の記憶:

» 速報!ジャカルタのリッツカールトンとマリオット連続爆破テロ [米流時評]
   ||| ジャカルタホテル連続爆破テロ |||  ジャカルタのリッツ・カールトンとJ.W.マリオット 2ホテル連続爆破テロ発生  死者9名負傷者50名以上 過激派ジャマア・イスラミア4年ぶりの自爆テロか? ジャカルタでホテル連続爆破テロ インドネシア・ジャカルタ発 ニュース速報 | 17日金曜朝、インドネシアの首都ジャカルタの2つのラグジュアリーホテルで相次いで爆破が起き、これまでに判っただけでも死者9名、負傷者50名以上を出すテロ攻撃事件となった。インドネシアは世界最大のイス... [Read More]

Tracked on July 18, 2009 at 05:20 AM

« オバマ アフリカで演説 | Main | 「つばさ」人気じゃん »