« 医療保険改革、巻き返し中 | Main | 国連の核廃絶決議 »

November 01, 2009

国は負担しなくても国民は負担する

朝日 太陽光発電、全量買い取りへ 来年度、菅副総理が方針
http://www.asahi.com/business/update/1031/TKY200910310292.html

菅氏は31日、東京都内での講演で、「来年度からやろうと思っている。(国が)1円も金をかけないで太陽光パネルがばっと増えるやり方がある。全量固定価格買い取り制を決めればいい。(パネルを設置した家庭が)1キロワットあたり50円で(電力会社に)売り、キロワット当たり20円で(電力会社から)買ってくれば30円得する」と語った。

へ? 1円もかけないってことは、政府補助なしってことだろうけど、国民は負担するよね??

11月から始まる太陽光発電の余剰電力買い取り制度は1kWh48円。電気料金は各社違うけど、確か全国平均で1kWh22円程度のはず(もしかしたら24円くらいかも)なので、倍程度の価格で電力会社が買い取る。けれど、そのコストは広く一般に電気料金に上乗せされることになる。太陽光発電を導入していない一般家庭では将来的に数十円から100円程度の負担増が見込まれているわけだ。

なお太陽光発電設備に対する補助金額は1kW7万円で、補助金を受ければ3.5kWで約185万円となるそうだ。ということは、元値は210万円程度と思われる。とりあえず地方自治体による補助は無視しておく。

産経 太陽光発電買い取り新制度 10年ほどで導入コスト回収
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/091031/sty0910310732001-n2.htm

経済産業省が今年1~3月に個人から受け付けた補助金申請実績をもとに平均価格をみたところ、新築住宅では、標準的な出力3・5キロワットのシステムで約185万円。既築住宅の場合は約225万円かかる。導入にあたっては、1キロワット当たり7万円の補助が国から出るほか、自治体の補助などもあり、同省は新築で10年ほど、既築では15年ほどで導入コストを回収できるとしている。

太陽光発電普及拡大センター
http://www.j-pec.or.jp/02gaiyou.html

そんなわけで正しいかどうかわからないけど、ちょっと計算してみようと思う。適当な計算であることを念頭に置いておいてください。とりあえずざっくりとなんで。

★太陽光発電設備 出力3.5kWの場合

NEDO 太陽光発電システムの発電量算出例
http://www.nedo.go.jp/nedata/16fy/01/b/0001b005.html

1(kW)×0.12×365(日/年)×24(時間/日)=1,051.2(kWh/年)

ということなので1ヶ月平均の発電量は

1051.2÷12×3.5=306.6kWh

現行制度は自宅で使った分は含まれないので、昼間の家庭での消費量がどの程度なのかはわからないけど、発電量の4分の1程度しか使わないとすると、230kWh程度が電力会社の買い取りとなる。(家に人がいるともっと使うと思うが)

売電による1ヶ月の収入
230×48=11040円

すると単純計算でいくと、太陽光発電設備については14年でもとが取れる計算。

1850000÷12096=167.5ヶ月=14年

あ、あれ? 記事と違うなあ。まあ、最近は効率が良くなっているから、回収期間も短くなっているのかも。

しかし売電収入はあるが、夜は発電していないので、電気料金は発生する。しかも一般家庭は夜のほうが電気を使用するので要注意。よくある太陽光発電詐欺は、夜の電気料金が発生することを説明しないで売りつけるので、なんだ儲からないじゃんということなのかも。既築住宅の設備費はもっと高いし、設備導入費はローンだから、トータルではこの試算よりさらに長期間かかるはず。あと多分、メンテナンス費用もかかる。

じゃあ、菅氏ご推薦の全量買い取りだとどうなるんだろう。

売電による1ヶ月の収入

306.6×48=14716円

現行制度と違って、発電している間でも使った分の電気料金は発生するので、現行制度と条件を同じくすべく、その分を引いてみよう。発電量の4分の1を使ったとして…

14716ー77×22=13022円

国が1円も出さないので210万円の太陽光発電を入れると…。

2100000÷13022=161ヶ月=13.4年

あんまり変わらない…。つまり、一見、全量買い取りは良さそうに見えるけど、補助金がなければあまり変わらないわけだ。もちろん夜間の電気料金は必要だし。

しかも全量買い取りの場合、同じ規模の設備でも電力会社の買い取りコストは一気に増える。買い取りコストは電気料金にオンされるはず。電気料金が上がると、太陽光発電の導入メリットの幅は若干小さくなることにも注意しないと。

年を追うごとに太陽光発電設備は安くなるだろうけど、電力買い取り価格も下がるから、設備導入者の負担はあまり変わらないのかもしれない。

こうしてみると、菅氏発言の問題点は、国は補助金がなくなって太陽光も増えてホクホクかもしれないけど、国民は電気料金が上がって貧乏人は困るってところに触れていないことだろう。そこは無視していいのだろうか。

燃料電池や風力も同じ条件で買い取りしろとかという話もあるわけだが、そうなると電気料金がますます上がるだけ。それに全量買い取りで増える設備機器の負担や、太陽光の不安定な出力制御のためのコストは誰が払うんだろ。

………ああ、国民でしたね。そうでした。地球環境対策は何やったって負担はあるだろうから仕方ないけど、国民負担を忘れて、国が1円も払わないからいいだろって言うのもどうかと思うよ。太陽光を入れられない人にとっては、税金で払うか、電気料金で払うかの違いでしかない。それに源泉徴収票には太陽光の補助金用という項目はないけど、電気料金には太陽光分が書かれることになったようだから、一般国民はシビアになると思うよ。うん。

<追記>

日経によると電力自由化で自然エネルギー導入コストが抑えられるらしい(苦笑) 

日経社説 低炭素の要の原発に正面から向き合え(11/2)
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/index20091101AS1K3000D01112009.html

民主党はこの制度の拡充を検討している。その際、対象を風力やバイオ燃料を含む自然エネルギーすべてに広げるとともに、買い取り価格を適切に設定して発電事業者の新規参入を後押しする制度にすべきだ。

 併せて電力自由化を改めて論議しなければならない。自然エネルギーを大量に受け入れると、もともと割高な電気料金が跳ね上がる。それを抑えるには競争原理が必要だ。

 90年代末の電力規制緩和は大口需要家向けの売電の自由化など限定的だった。そこで積み残しになった小口需要家向け売電や、送電網をより多くの電力事業者が利用しやすくするような規制緩和が論点になる。

 また自然エネルギーによる発電は天候に影響されて不安定なため、送配電網を持つ既存の大手電力会社がその制御や管理を担うのが効率的だ、と電力業界側は主張する。

 しかし新規参入企業が増えれば、競争を通じ自然エネルギーを効率よく取り込む工夫を重ねる可能性が十分ある。それによって電気料金の上昇を抑制する効果も期待される。

なるほど。「可能性が十分ある」し「期待される」わけですね。必ず効率がよくなるわけでも、価格上昇が抑制される、というわけでもないと。はいはい。

<追記2>
共同 政府、全量買い取り検討へ 太陽光や風力発電で
http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009110301000444.html

やはりやるんですか。そうですか。

|

« 医療保険改革、巻き返し中 | Main | 国連の核廃絶決議 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

続きですが、つまり菅さんというか民主党も、太陽光発電の普及においては国民全員で負担するのだことを、もっと明確に言う必要があると思うんですね。電気料金の2倍で太陽光発電の電力を買うことは、国民に広く負担を強いることになると。しかし、これは温暖化防止に貢献し、エネルギー安全保障にも役立つからと。

菅さんの発言はただの戦術であって、戦略がないように思います。国家戦略室長なのに(苦笑)

Posted by: JIN | November 03, 2009 at 06:49 AM

YUTAKARLSONさん、お久しぶりです。
日本は環境先進国ですし、二酸化炭素においても対GDPで見れば、先進国の中でも先進国です。太陽光発電分野では技術的には遅れてはいませんが、大量生産というところで、国の援助がなかったこともあって遅れをとっているところです。今は中国がすごいんじゃないですかね。多分。

ブログ拝読しましたが、私は太陽光発電はいいと思うんですよね。日本はエネルギー自給率4%ですから、太陽光がエネルギー資産になればいいなと思っています。もちろん石油や石炭の代わりにはなりませんが、例えばそれが不足してきたときに多少の役には立つし、それをまだ日本にお金があるうちにやっておくべきだろうと思うのです。安全保障の一環として。

ブログコメント欄にあった電源開発促進税ですが、それを使っていいなら、電力会社の負担はなくなりますよね。いい案かも。電気料金には税金分も入っていますから、どういう操作が必要かは不明ですが、うまくやればうまくできるかも〜と思います。

Posted by: JIN | November 03, 2009 at 05:31 AM

■太陽光発電、全量買い取りへ 来年度、菅副総理が方針―そんなに簡単なことか? 少し頭を冷やして考えてみよう!!

こんにちは。東京都内で菅さんは、太陽光発電を、全量買い取れば、すぐにも規模を拡大できるようにかなり、簡単にできるように説明しました。しかし、太陽光発電そのものが電力変換効率がかなり悪いこと、EUでは今年の夏あたりから、太陽光発電バブルがはじけていること、さらには、日本が太陽光発電などの分野では遅れたものの、環境先進国(二酸化炭素削減だけが環境問題ではありません)であることなどを考えると、そもそも、なぜ、太陽光発電を日本国内で拡大する必要があるのか、はなはだ疑問です。菅さんの発言は、以上のことを勘案した上での、発言なのでしょうか?私には、とてもそうは思えません。そういう意味では、菅さんの発言、鳩山総理の二酸化炭素排出量削減目標25%と同じく、非常に軽い発言だったと思います。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。

Posted by: yutakarlson | November 02, 2009 at 11:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/46638532

Listed below are links to weblogs that reference 国は負担しなくても国民は負担する:

« 医療保険改革、巻き返し中 | Main | 国連の核廃絶決議 »