« 医療保険改革法案上院通過でのオバマ大統領声明 | Main | オバマの一般教書演説2010 »

January 29, 2010

オバマ大統領就任1周年の一般教書演説

今日といってももう昨日だけど、オバマ初の一般教書演説があったり、ダボス会議があったり、アウシュビッツ開放65周年(おとといか)だったり、アップルのiPad発表があったりして大騒ぎな1日だった。みなさん、ご無沙汰しております。

Twitterにすらあまり顔を出していない厳しい状態でも、恐ろしく断続的にだけどオバマウォッチは続けているわけ。だから、たまっちゃってしょうがないわけだけど、ここんとこの動きをまとめてみようと思う。


で、まずオバマ大統領就任1年の日に起きたことから。

米国:マサチューセッツ州上院補選 民主、歴史的敗北 オバマ政権に「無党派の反乱」 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/world/news/20100120dde007030004000c.html

テッド・ケネディが亡くなったために空席となった上院の1議席をめぐる選挙で、民主党が劇的な敗北を喫した。ケネディ家が守ってきた議席が、その死とともにあっさりと敵の手に落ちたわけだ。って私の敵という意味ではないのだが。選ばれたのがちょっとブッシュの匂いのするスコット・ブラウンだからなあ。どんだけ弱かったよ、民主党候補。

この敗北は無党派層が共和党に流れたことが原因だとされており、特に医療保険改革が不人気だという報道が行われている。どういうことだ。テッドの悲願だったのに? そしてまさしくこの1席が、医療改革法案を崖っぷちに追いやることになるだろうことは目に見えているんだが。

でも、多分こういうことだろうと思う。

ぐっちーさんの金持ちまっしぐら : アメリカ!!
http://guccipost.jp/cgi-bin/WebObjects/12336a3d498.woa/wa/read/sq_12650350abc/

前から申し上げているようにそれほど今回の医療保険改革は恐ろしいほどに反発が強いのです。

特に私の友人たちのような比較的高学歴高収入の連中が、なんで俺たちがあいつらの保険料まで払う必要があるんだ!!

と反旗を掲げた、ということはあまりにも痛い。痛すぎるのです。でもこれがアメリカだ。

つまり、アメリカ人は変わってなかったってことだと思う。それが伝統だといえばそうなんだが、じゃあ、なんで1年前にオバマを選んだワケ?と聞きたくなるんだよな。じゃあ、ブッシュ時代に戻りたいのかと。

CNN.co.jp:オバマ氏の仕事ぶり、支持49%、不支持50% 最新世論調査
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN201001280024.html

55%は、オバマ氏が国が直面する最も重要な問題に十分取り組んでいないと回答。逆の回答は45%だった。約60%は、大統領は金融機関問題を重要視しているが、中間層が直面する問題はおざなりになっているとした。

そうか。そんなこと言ったら日本の政府は20年近くだめだねえと苦笑したくなる。

日経 オバマ大統領、就任1年間の平均支持率57% 戦後ワースト2位
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20100119ATGM1803P19012010.html

人気ないなあ。ただし最下位はクリントン、同率2位はレーガンだけど。

その後、オバマは金融界に激震を走らせる。ボルカー・ルールの導入だ。

読売 米金融行政に大転換 新規制案発表
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20100123-OYT8T00325.htm

ボルカールールは銀行と証券業務の垣根を高める規制強化策。1議席失ったことが、この規制に走らせたともいわれている。もうね、円高は進むし、株価は落ちたよな。さすがだよ、オバマ(苦笑)

しかし、これも一理あると思うよ。伝聞なので証拠はないがGSの副社長クラスになると1ヶ月30億円の月収だそうだ。これも伝聞で証拠はないが、知り合いの知り合いの日本の外資系金融会社社員は年収7000万円とかもらってたとも聞いたことがある。そんなアホな。オバマは年収4000万円くらいじゃなかったっけ。どんなに優秀でも大統領より優れているなんて誰が言える? 大統領の年収が安すぎるんだとは思うが、そんなアホなといいたくなる外資系金融機関の超高額の収入は、やりすぎだと思うし、それの根拠となる投機的金融業務もどうかと思うな。ボルカー・ルールには金融機関の年収の規制はないと思うけど。

オバマがABCのアンカーマンとなったダイアン・ソーヤーにインタビューを受けていて、「2期務めてパッとしない大統領より、1期でも歴史的な仕事をした大統領になりたい」などと言っていて、ドキッとした。やめてもいいと思っているんだ、と。しかも「あきらめちゃだめだと自分に言い聞かせてるんだ」とも言っていた。

厳しいなあ。でもこの人は命かけてるわけだし、それくらいの覚悟はあるんだろう。

それで、昨日の一般教書演説である。

日経 オバマ米大統領の一般教書演説
http://www.nikkei.co.jp/topic/100128_1.html

原文 Remarks by the President in State of the Union Address | The White House
http://www.whitehouse.gov/the-press-office/remarks-president-state-union-address

主な報道は以下の通り

ロイター 焦点:オバマ米大統領演説、国民の不満に耳傾ける姿勢を強調
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13592820100128
 

共和党のマケイン上院議員はロイターに対して「残念なことだ。大統領は、『過去を振り返るために演説をしているのではない』と述べながらも、いくつかの点でブッシュ前政権を非難した」と語った。
マケイン何いってんだか…。

読売 オバマ米大統領、原発建設推進の姿勢明確に示す
http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20100129-OYT1T00016.htm
これはおっと思ったな。こんなにはっきり言ったことはなかったし。これは温暖化対策法案が1議席減によりさらに難航しそうだというのも影響があるようだ。

ブルームバーグ 米大統領:温暖化対策法案への支持、懐疑派にも呼び掛け-一般教書
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=ars4p4BnqI64

毎日 一般教書演説:対露、イランが試金石に…核、テロ重視強調 http://mainichi.jp/select/world/news/20100129k0000m030080000c.html

で、評価はというと

時事:一般教書演説に「新味なし」=メディアが辛口批評-米
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010012800798

CNN.オバマ氏の一般教書演説、評価するが約78% 緊急世論調査
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN201001280019.html

朝日:民主は総立ちの拍手、共和は沈黙 オバマ氏一般教書演説 - 国際
http://www.asahi.com/international/update/0128/TKY201001280384.html

ロイター 米株価指数先物が米大統領一般教書演説受け上昇
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-13578120100128

まあ、一般人にはよかったってことか。わかりやすかったしね。NHKの特番では大統領キャンペーン中のポピュリズムに戻りつつあるとしていた。

これはどうでもいいけど↓

産経 オバマ演説 日本は蚊帳の外 ギクシャクぶりを反映か
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100128/amr1001282145011-n1.htm


オバマが一般教書演説を行う数時間前、スイスから援護射撃があった。

日経 仏大統領、米金融規制案に賛意 ダボス会議で演説
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20100128ATGM2800V28012010.html


そんなわけで、オバマも就任1年のインタビューで「老けたね」と自分の写真を見て笑っていたが、今回の演説の肝はこれだそうで、オバマからのメールのタイトルもこれだった。

We don't quit.
私たちはあきらめない。

演説ではあとにこう続けた。

I don't quit.
私はあきらめない。

あ、「I」になった、と思った。

|

« 医療保険改革法案上院通過でのオバマ大統領声明 | Main | オバマの一般教書演説2010 »

オバマウォッチ」カテゴリの記事

オバマ演説」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29180/47417138

Listed below are links to weblogs that reference オバマ大統領就任1周年の一般教書演説:

« 医療保険改革法案上院通過でのオバマ大統領声明 | Main | オバマの一般教書演説2010 »