« November 2010 | Main | April 2011 »

March 23, 2011

シンディ! シンディ!

このあいだ、アルゼンチンの空港が混乱し暴動が起きそうだったときに、同じく足止めをくらっていたシンディ・ローパーが、アナウンスのマイクを持って歌い、暴動どころか、空港をダンスホールにしたばかりだというのに、今度は東北関東大震災に見舞われた日本を勇気づけて行った。

まあ、3月11日の地震当日は、日本に向かう飛行機の中だったというから、引き返すのは無理だったとしても、余震が襲いまくっていた東京で、おそれもせず、むしろ勇気づけるんだといって、コンサートを断行したシンディ。感動と元気をバリバリと発信していったらしい。

C・ローパー公演決行「少しでも勇気を」- SANSPO.COM
http://www.sanspo.com/geino/news/110316/gnj1103160504011-n1.htm

日本公演写真はこちら
Cyndi Lauper » Blog Archive » JAPAN 2011 -
http://cyndilauper.com/media/photo-gallery/japan-2011/

しかも、日本のみんなのためといって、大阪公演はニコニコ動画で生中継のプレゼント。これも残念ながら見逃したのだが、最後はTrue Colorsでしめたようだ。これがまた、今の日本にぴったりの曲だというのでインターネットで話題になっていたんだけど、gooの加藤さんもそう書いてますね。

シンディ・ローパー:最終公演を午後7時からニコ動で生中継「愛する日本のために」 - 毎日jp
http://mainichi.jp/enta/music/news/20110322mog00m200015000c.html

日本の真の色が光るように 外国メディアも混乱しまくった大惨事のその先で
ニュースな英語 - goo辞書
http://dictionary.goo.ne.jp/study/newsword/wednesday/20110322-01.html

そんなわけで、そのときの映像ではないですが、True Colorsを貼ってみました。訳詞はこちらにあります。

トゥルー・カラーズ/シンディ・ローパー - ホテル・ジワタネホの洋楽訳詞ブログ
The Cinema Show - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/hotel_zihuatanejo/29387436.html

この世界があなたを狂わせて、
我慢すべきことばかりになったら、
私を呼んで。
だって、私がすぐに行く、ってわかるでしょ。

だから来てくれたんだね、シンディ。ありがとう。私は、またちょっと泣いています。シンディの新譜、買うぞっ。

追記
ツイッターのTLでこんな記事が流れてきました。サキイカを炙るなんて、シンディったら素敵過ぎる。

シンディありがとう!そしてお疲れ様でした。
http://am6.jp/eF3Xmg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オバマ大統領、日本大使館で記帳

東北関東大震災(東日本大震災ともいう)の犠牲者に哀悼の意を表するための記帳を、オバマ大統領がワシントンの日本大使館で行いました。ひとつ前のエントリの声明のちょっと前でしょうか。オバマ大統領のほかに、バイデン副大統領、ヒラリー・クリントン国務長官も記帳してますし、確認した限りでは、英キャメロン首相、独メルケル首相、中国の胡錦濤国家主席、韓国の李明博大統領、オーストラリアのギラード首相(誰?)も記帳してます。こういう時は、大使館まで来て記帳するんですね。

東日本大震災:胡・中国主席、大使館で記帳「再建を信じる」 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/world/news/20110319ddm007040073000c.html

【地震】英首相らが記帳 被災地復興へメッセージ
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210323037.html

asahi.com(朝日新聞社):ドイツのメルケル首相が日本大使館弔問 - 東日本大震災
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103180127.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

米オバマ大統領「日本とともに」

とても遅くなってしまったのだけど、3月17日にオバマ大統領が出した東北関東大震災に見舞われた日本と自国のエネルギー政策に関する声明を、久々に訳してみました。相変わらずのヘボ翻訳で恐縮ですが、ニュースで読んだサマリーより、ずっと胸に迫る内容でした。前半は米国内向けのメッセージですが、最後のほうは日本への支援についてです。

ありがとう。こんな風に言葉をかけてくれて。本当にありがとう。私は今、ちょっと泣いています。

President Obama: "We Will Stand with the People of Japan"  The White House
http://www.whitehouse.gov/blog/2011/03/17/president-obama-we-will-stand-people-japan

March 17, 2011
Remarks by the President on the Situation in Japan
Rose Garden
3:35 P.M. EDT

THE PRESIDENT: Good afternoon, everyone. Over the last several days, the American people have been both heartbroken and deeply concerned about the developments in Japan.

この数日、米国民は日本で起きていることに心を痛め、とても関心を持って見守っています。


We’ve seen an earthquake and tsunami render unimaginable -- an unimaginable toll of death and destruction on one of our closest friends and allies in the world. And we’ve seen this powerful natural disaster cause even more catastrophe through its impact on nuclear reactors that bring peaceful energy to the people of Japan.

私たちは地震と津波が与えた想像もできない被害、想像もできないほど大きな死者と破壊を目の当たりにしました。それは、世界でも最も近しい友人であり同盟国の一つで起きたのです。そして、私たちはこの大きな自然災害が、日本の人々に平和的なエネルギーをもたらしてきた原子炉への打撃という形で、さらに大きな災害を引き起こしているのを目にしています。

Today, I wanted to update the American people on what we know about the situation in Japan, what we’re doing to support American citizens and the safety of our own nuclear energy, and how we are helping the Japanese people contain the damage, recover and rebuild.

今日、私は米国民に、私たちが知りうる今の日本の状況と、米国民と米国の原子力の安全性を守るために何をしているのか、そして日本の人々の被害の抑制と復興を支援するかについて、現在の状況をお知らせしたいと思います。

First, we are bringing all available resources to bear to closely monitor the situation, and to protect American citizens who may be in harm’s way. Even as Japanese responders continue to do heroic work, we know that the damage to the nuclear reactors in Fukushima Daiichi plant poses a substantial risk to people who are nearby. That is why yesterday, we called for an evacuation of American citizens who are within 50 miles of the plant. This decision was based upon a careful scientific evaluation and the guidelines that we would use to keep our citizens safe here in the United States, or anywhere in the world.

まずお話ししたいのは、私たちがもてる限りの資源を使い、現状を詳しく監視し、危険な状態にある米国民を守るということです。日本の担当者が英雄的な働きを続けているにも関わらず、被害を受けた福島第一原子力発電所の原子炉は、近隣の人々に相当な危険をもたらしています。これが昨日、この発電所から50マイル以内の米国市民に避難を呼びかけた理由です。この決定は、慎重かつ科学的な評価と米国内外における米国市民の安全を守るためのガイドラインに従っています。

Beyond this 50-mile radius, the risks do not currently call for an evacuation. But we do have a responsibility to take prudent and precautionary measures to educate those Americans who may be endangered by exposure to radiation if the situation deteriorates. That’s why last night I authorized the voluntary departures of family members and dependents of U.S. officials working in northeastern Japan.

半径50マイルを超えていれば、すぐに避難しなければならないほどの危険はありません。しかし用心深く予防的な対策を取る責任があります。もし状況が悪化すれば、放射能漏れにより危険にさらされるかもしれない米国民にそれを通知する責任があるのです。このため昨夜、私は、東北地方で働く米政府職員の家族などの自主的退去を勧告(?)しました。

All U.S. citizens in Japan should continue to carefully monitor the situation and follow the guidance of the U.S. and Japanese governments. And those who are seeking assistance should contact our embassy and consulates, which continue to be open and operational.

日本にいるすべての米国民は、この状態を注意深く監視し、米国政府と日本政府のガイダンスに従ってください。そして助けが必要な人は、大使館か領事館に連絡を取って下さい。大使館や領事館は開いており運営を続けています。

Second, I know that many Americans are also worried about the potential risks to the United States. So I want to be very clear: We do not expect harmful levels of radiation to reach the United States, whether it’s the West Coast, Hawaii, Alaska, or U.S. territories in the Pacific. Let me repeat that: We do not expect harmful levels of radiation to reach the West Coast, Hawaii, Alaska, or U.S. territories in the Pacific. That is the judgment of our Nuclear Regulatory Commission and many other experts.

次に、多くの米国民が心配している米国における潜在的リスクについてです。私は明言します。私たちはアメリカに危険なレベルの放射能は届くことはないと考えています。西海岸、ハワイ、アラスカであろうと、太平洋上の米国領であろうとです。繰り返しますが、危険なレベルの放射能が届くことはありません。それが西海岸でも、ハワイでも、アラスカでも、太平洋の米国領でもです。それがNRCと多くの専門家の判断です。

Furthermore, the Centers for Disease Control and Prevention and public health experts do not recommend that people in the United States take precautionary measures beyond staying informed. And going forward, we will continue to keep the American people fully updated -- because I believe that you must know what I know as President.

さらに、米国疾病予防管理センターと公衆衛生の専門家は、米国民がこれまでのお知らせした以上の予防対策を取ることを勧めていません。今後も米国民に新しい情報を伝え続けます。大統領として知りうることは、みなさんも知る必要がありますから。

Here at home, nuclear power is also an important part of our own energy future, along with renewable sources like wind, solar, natural gas and clean coal. Our nuclear power plants have undergone exhaustive study, and have been declared safe for any number of extreme contingencies. But when we see a crisis like the one in Japan, we have a responsibility to learn from this event, and to draw from those lessons to ensure the safety and security of our people.

この国でも、原子力は私たちのエネルギーの将来において重要な役割を担います。その重要性は風力や太陽光や天然ガスやクリーン石炭と同じです。私たちの原子力プラントは徹底的に検証し、あらゆる最悪の不測の事態にも安全であると評価されています。しかし、日本で起きたような危機を目の当たりにした今、私たちはこの事故から学び、その教訓から原子炉の安全性と国民の安全を強化する責任があります。

That’s why I’ve asked the Nuclear Regulatory Commission to do a comprehensive review of the safety of our domestic nuclear plants in light of the natural disaster that unfolded in Japan.

私がNRCに対し、日本で起きたような自然災害の視点から米国内の原子力発電所の安全性を総合的に評価するよう求めたのもそのような理由からです。

Finally, we are working aggressively to support our Japanese ally at this time of extraordinary challenge. Search and rescue teams are on the ground in Japan to help the recovery effort. A disaster assistance and response team is working to confront the aftermath of the earthquake and tsunami. The U.S. military, which has helped to ensure the security of Japan for decades, is working around the clock.

最後にお話するのは、私たちが尋常ならざる難局に直面している日本の友人を精力的にサポートしているということです。救助隊は日本で復興への努力を助けています。災害支援対応チームは地震と津波の爪あとに立ち向かっています。数十年間、日本の安全保障を支援してきた米軍も、今、昼夜休みなく働いています。

To date, we’ve flown hundreds of missions to support the recovery efforts, and distributed thousands of pounds of food and water to the Japanese people. We’ve also deployed some of our leading experts to help contain the damage at Japan’s nuclear reactors. We’re sharing with them expertise, equipment, and technology so that the courageous responders on the scene have the benefit of American teamwork and support.

これまでに、私たちは日本の人々に対し、何百もの場所で復興支援活動を行い、何千ポンドもの食料や水を提供してきました。日本の原子力発電所における災害を収束するために専門家を派遣しています。この場面に立ち向かっている勇敢な人々が、米国の協力支援を受けられるよう、私たちは専門技術、設備、技術を提供しています、

And the American people have also opened up their hearts. Many have given generously to support the ongoing relief efforts. The Red Cross is providing assistance to help meet the immediate needs of those who’ve been displaced. And I would encourage anybody who wants to lend a hand to go to usaid.gov to learn more -- that’s usaid.gov -- to find out how you can be helpful.

そして米国民は心も開いています。多くの人が今、まさに取り組まれている救出活動を助けたいと思っています。赤十字は住むところを失った人が緊急に必要なものを提供する活動をしています。そして私は、手を貸したいと思う方々には、USAIDのサイトを見ることをおすすめします。あなた方の助けになることでしょう。

As I told Prime Minister Kan last night, and reaffirmed at the Japanese embassy here in Washington today, the Japanese people are not alone in this time of great trial and sorrow. Across the Pacific, they will find a hand of support extended from the United States as they get back on their feet. After all, we have an alliance that was forged more than a half century ago, and strengthened by shared interests and democratic values. Our people share ties of family, ties of culture, and ties of commerce. Our troops have served to protect Japan’s shores, and our citizens have found opportunity and friendship in Japan’s cities and towns.

菅首相に昨晩、お話しをし、ワシントンの日本大使館でも明言しましたが、苦難と悲しみにある今この時、日本の人々は決してひとりではない。回復への道のりを歩むとき、太平洋を超えて米国から差し伸べられる支援の手を見つけるでしょう。いずれにせよ私たちは50年以上前から同盟関係を構築してきましたし、お互いへの関心と民主的な価値観を分かち合うことにより、同盟関係を強くしてきました。私たちは家族のきずなを、文化のきずなを、経済におけるきずなを分かち合ってきました。私たちの軍隊は日本の海岸を守り、米国市民も日本の都市や町でチャンスや友情にめぐりあってきました。

Above all, I am confident that Japan will recover and rebuild because of the strength and spirit of the Japanese people. Over the last few days, they’ve opened up their homes to one another. They’ve shared scarce resources of food and water. They’ve organized shelters, provided free medical care, and looked out for their most vulnerable citizens. One man put it simply: “It’s a Japanese thing. When hard times hit, we have to help each other.”

何よりもまず、私は日本が回復し再建するであろうと信じています。日本の人々には強さと精神があるからです。この数日、彼らは家を他の人のために提供しました。彼らは乏しい食料や水を分け合いました。彼らは避難所を作り、無料の医療を提供し、最も弱い市民の面倒をみています。ある人は簡単にこう表現しました。「これが日本なんだ。大変なときは、お互い助けあうものだ」


In these hard times, there remains, nevertheless, hope for the future. In one small town that had been flattened by the tsunami, emergency workers rescued a four-month-old baby who had been swept out of her parents’ arms and stranded for days among the debris. No one can say for certain just how she survived the water and the wreckage around her. There is a mystery in the course of human events.

こうした厳しい時に、それでも彼らは将来への希望を持ち続けています。津波に襲われたひとつの小さな町で、救急隊員が4ヶ月の赤ちゃんを救い出しました。その赤ちゃんは両親の腕の中から波にさらわれて、何日かして、瓦礫の中に打ち上げられていました。誰もどうやって赤ちゃんが、水と瓦礫の中を生き抜いたのかはわかりません。人類に起こるさまざまな出来事の中のひとつのミステリーです。

But in the midst of economic recovery and global upheaval, disasters like this remind us of the common humanity that we share. We see it in the responders who are risking their lives at Fukushima. We show it through the help that has poured into Japan from 70 countries. And we hear it in the cries of a child, miraculously pulled from the rubble.

経済回復と世界的な激変の中にあって、このような災害は、私たちが共通の人間らしさを分かち合っていることを思い出させます。私たちは福島で命を危険に晒しながら対応している人々に、それを見ています。70カ国から日本に支援が寄せられていることにも、それが表れています。そして、瓦礫から奇跡的に救いだされた子供の鳴き声の中にもそれを聞くのです。

In the coming days, we will continue to do everything we can to ensure the safety of American citizens and the security of our sources of energy. And we will stand with the people of Japan as they contain this crisis, recover from this hardship, and rebuild their great nation.

今後数日のうちに、私たちが米国市民の安全性とエネルギー安全保障を確たるものとするべくあらゆることを続けていきます。そして私たちは、この危機を克服し、この苦難から回復し、偉大な国を再建しようとしている日本の人々とともにあります。

Thanks very much.
どうもありがとう。

|

« November 2010 | Main | April 2011 »