« March 2011 | Main | May 2011 »

April 10, 2011

オバマ大統領、再選に向けて

先日、オバマ大統領が2012年大統領選挙に出馬することを正式表明しました。また大統領選シーズンが始まるんですね。2008年の時は2007年から張り付いてみておりましたが、東日本大震災後の日本に住む日本人としては、2008年のように無邪気に追いかけてもいられない状況です。

でも、まだオバマウォッチャーの看板は下ろしていませんぜ。かなり適当ではありますし、米国在住の方々とは全く情報量は違いますが、日本から見たオバマウォッチは細々ながら続ける覚悟です。(そんな覚悟はいらないって声が聞こえる…)

というわけで、2008年大統領選出馬に向けては、2007年2月にイリノイ州スプリングフィールドで、信じられないほどの聴衆を集めて演説を行ったオバマですが、今回の再選への出馬表明は、オバマ本人が演説したり、本人が直接動画で呼びかけたりするものではなく、メールでした。そしてホームページには支持者の動画。ハデにやりたくない、ということのようですが、シンプルすぎる感が…。(2007年は「ケネディの再来か」なんて書いてますねえ、私)

あ、副大統領候補はバイデンで行くんですね(笑)。いや、そうですか。


メールは以下のとおり。選挙権もなく、献金もできない私にも来ましたよ。

Today, we are filing papers to launch our 2012 campaign.

We're doing this now because the politics we believe in does not start with expensive TV ads or extravaganzas, but with you -- with people organizing block-by-block, talking to neighbors, co-workers, and friends. And that kind of campaign takes time to build.

So even though I'm focused on the job you elected me to do, and the race may not reach full speed for a year or more, the work of laying the foundation for our campaign must start today.

We've always known that lasting change wouldn't come quickly or easily. It never does. But as my administration and folks across the country fight to protect the progress we've made -- and make more -- we also need to begin mobilizing for 2012, long before the time comes for me to begin campaigning in earnest.

As we take this step, I'd like to share a video that features some folks like you who are helping to lead the way on this journey. Please take a moment to watch:


In the coming days, supporters like you will begin forging a new organization that we'll build together in cities and towns across the country. And I'll need you to help shape our plan as we create a campaign that's farther reaching, more focused, and more innovative than anything we've built before.

We'll start by doing something unprecedented: coordinating millions of one-on-one conversations between supporters across every single state, reconnecting old friends, inspiring new ones to join the cause, and readying ourselves for next year's fight.

This will be my final campaign, at least as a candidate. But the cause of making a lasting difference for our families, our communities, and our country has never been about one person. And it will succeed only if we work together.

There will be much more to come as the race unfolds. Today, simply let us know you're in to help us begin, and then spread the word:

http://my.barackobama.com/2012

Thank you,

Barack

再選へ向けて動き出したオバマ大統領ですが、最近はレームダック気味。あれだけの人気があったのに…。アメリカといえど大きなチェンジはそう上手くはいかないらしいですね。

まず医療保険改革。法成立まではよかったけど、評判はあまりよくない。法案を通そうと妥協したために、中途半端になったからだと思うけど、それでもないよりマシだろと思うのは日本人だからかもしれません。

さらにオバマ大統領の一丁目一番地の政策といわれたグアンタナモ閉鎖もうまくいかず、軍事裁判を現地で行うことに。ニューヨークで裁判しようとしたが、テロの呼び水となりかねないという反発があったため。気持ちはわかるけれど、オバマ大統領にとって痛手であることは間違いないですねえ…。

同時テロ犯、グアンタナモで軍事裁判 オバマ大統領の閉鎖公約遠のく - MSN産経
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110405/amr11040519340010-n1.htm

さらに、エネルギー問題では福島第一原子力発電所事故によって、米国でも原子力に逆風が吹きはじめた。脱中東の石油を進めるべく原子力を推進したいオバマ大統領の政策に、理解が得られるかは微妙なところだ。米国の104基の原子炉は、その半数が運転開始から30年以上経過しており、更新が必要になっているのですが…。

それでも…オバマ大統領は原発推進路線を堅持 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110331-OYT1T00407.htm

オバマ氏、エネルギー政策で「全米行脚」開始 2012年大統領選 - MSN産経
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110405/amr11040519240009-n1.htm

もちろん、経済が上向きになれば風向きも変わるんでしょうけど、問題はペイリンが象徴となっているティーパーティー。つい昨日もこんなことがあったようで。

政府閉鎖まで1時間…オバマ氏と下院議長、土壇場の合意 - 朝日
http://www.asahi.com/international/update/0409/TKY201104090531.html

米予算協議が合意、政府機関の閉鎖は大詰めで回避へ | Reuters
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20524120110409

日本も大変だけど、オバマも大変だわ。それにしてもオバマじゃなきゃ誰がいるんだろう。共和党だったらロムニー? トランプ? ハンツマン? まさか………ペイリン?

CNN.co.jp:トランプ氏2位、米大統領選の共和党候補の支持率調査
http://www.cnn.co.jp/usa/30002379.html

|

« March 2011 | Main | May 2011 »