« ホイットニーを偲んで | Main | テオ・ヤンセンのミニビースト作ってみた »

February 12, 2012

メーン州、ロン・ポールが3.5ポイント差で次点に

メーン州はロムニーが勝ったんだけど、私としてはロン・ポールの台頭に注目したい。だって、リバタリアンのロン・ポールが2位につけるって、すごいことじゃない? 

NYT After Three Losses, Romney Edges Past Paul in Maine
http://www.nytimes.com/2012/02/12/us/politics/romney-edges-past-paul-in-maine-caucuses.html

CNN ロムニー氏がメーン州で勝利、ワシントンでの模擬投票も 共和党指名争い
http://www.cnn.co.jp/usa/30005579.html
ワシントンでの模擬投票でも勝ったのか(なんでそんなムダなことしてるのかと)

数字を見ると、得票数は3.5ポイント差だった。
ロムニー39.2%
ロン・ポール35.7%
(ギングリッチ6.2%って大丈夫かよ…)

獲得代議員数
ロムニー11人
ロン・ポール10人

ロン・ポールはどうも勝利を狙っていたみたいで、ちょっと悔しそう。


NYTによれば、ここまでの代議員獲得数は以下の通り。
http://elections.nytimes.com/2012/primaries/delegates
ロムニー105人
サントラム71人
ギングリッチ29人
ロン・ポール18人
ハンツマン2人

頑張れロン・ポール。特に意味ないけど、なんとなく。

ああ、アメリカはまたもやプロ・ライフ問題がロムニーにもオバマにも向かっているらしいです(棒読み)。オバマはともかく、ロムニーはそもそも宗教的にはそちらだとは思うけど、違法な中絶で命を落とすことがあってはならないから合法で安全にすべきという主張をしていたらしく、マサチューセッツ州知事時代もそうだったという話らしい。ロムニーの考え方は真っ当だと思うけど、問題になるんだよね。相変わらずだな、アメリカ。

こんな本見っけ。

|

« ホイットニーを偲んで | Main | テオ・ヤンセンのミニビースト作ってみた »

米大統領選」カテゴリの記事