« ロムニーはミシガンで勝てる?勝てない? | Main | ミシガン、アリゾナはロムニーが取ったけど »

February 27, 2012

プーチン、愛の一票

ロシアの大統領選まであと1週間。プーチン大統領復活が当たり前のように予想されるわけですが、対抗馬って誰だっけ?

Wikiによれば立候補者はこうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/2012年ロシア大統領選挙
ウラジーミル・プーチン - 統一ロシア党首
ゲンナジー・ジュガーノフ - ロシア連邦共産党党首
セルゲイ・ミロノフ - 公正ロシア党首
ウラジーミル・ジリノフスキー - ロシア自由民主党党首
ミハイル・プロホロフ

あ、対抗馬がいたんだ(笑)

さて、そんなわけで、プーチン批判も高まっている中で、再選へ向けたCMも流れているようです。それが冒頭のビデオ。

プーチン支持派、際どいビデオ広告で若者票狙う ロシア大統領選
http://www.afpbb.com/article/politics/2860729/8528026

女優演じる若い女性が医者に打ち明ける。「先生、私の選択は愛の形のひとつだけれど、とても怖いんです」。医者はこう答える。「もちろん気持ちは分かります。誰だって最初は不安に思うんですよ。重要なのは自分の選択を信じること。信じることが愛なのだから」。ここで、ロマンティックな曲が流れ、プーチン首相が表紙になっている雑誌がクローズアップされ、その後、女性はうれしそうに投票所へ向かう。

う〜ん…。多分、反政権集会に参加するような若者に対するウケ狙いだと思うんですが、そんなCM作る必要ないくらい盤石じゃないでしょうかね。いや、むしろ、このCM逆効果なのでは…。


産経 露大統領選プーチン氏 軍事大国路線鮮明 バラマキで支持率上昇
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120225/erp12022521140003-n1.htm

「北極と極東での海軍力強化」を重点課題に掲げ、日本から近いカムチャツカ半島には核ミサイルを搭載可能な最新型のボレイ級原子力潜水艦を配備することを明らかにした。


まったく面倒な時代です。領土と資源はオレのもの。でも資源は買えよなっていう戦略で来るに違いないんですから。

中国もロシアもこんな感じなのに、原子力発電所の再稼働に責任を負いたくなくて、安全が確認できないといって石橋を叩いて叩いて叩き潰して渡らず、エネルギー資源をやたら購入せざるをえなくしている一方、再生可能エネルギーが資源買い取りのバーゲニングパワーになるとか、大陸から電気買えばいいとか、意味のない議論を延々と続けて一歩も進めないでいる日本なんて、プーチンから見たら赤子の手をひねるようなもんだろうなと思いますよ。ええ。



|

« ロムニーはミシガンで勝てる?勝てない? | Main | ミシガン、アリゾナはロムニーが取ったけど »

経済・政治・国際」カテゴリの記事