« April 2012 | Main | September 2012 »

May 16, 2012

同性婚支持…でもロムニー優勢

さて米大統領選の様子ですが、共和党の大統領候補に確定したロムニーのほうが、今のところ人気では優勢なようです。

ラスムセン調査
http://www.rasmussenreports.com/public_content/politics/obama_administration/daily_presidential_tracking_poll

ラスムセンは毎日支持率を調査しています。グラフを見ると一時的にロムニーがグンと伸びているんですが、雇用統計などの数字が悪かった時か…と思われますが、ちゃんと見てなかったのでわからないや。これからがんまります。

ところで、ロムニーのほうが女性に人気という記事が…。

ロムニー氏、女性支持率で逆転 オバマ大統領を上回る
http://www.cnn.co.jp/usa/30006591.html

ロムニーはハンサムだが色気がないとのご指摘もあり、私もその通りだなと思っていたのでビックリしたけど、確かに、最近のオバマはお疲れのご様子で精細がない感じ。あと、ロムニーの妻アンの専業主婦問題なんかも尾を引いているんじゃないかな。

ロムニー夫人に脚光 専業主婦批判反論で好感
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120419/amr12041900010000-n1.htm

でもちょっと前はこんな調査もあったし。

米大統領選の女性支持率、オバマ大統領がロムニー氏を圧倒
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE83H01920120418

女心は揺れやすいのかも。

そんな中、オバマは歴代大統領として初めて同性婚を支持したわけです。ABCニュースのインタビューの中で。そして5月10日にこんなメールが来ました。

Today, I was asked a direct question and gave a direct answer:

I believe that same-sex couples should be allowed to marry.

I hope you'll take a moment to watch the conversation, consider it, and weigh in yourself on behalf of marriage equality:

http://my.barackobama.com/Marriage

I've always believed that gay and lesbian Americans should be treated fairly and equally. I was reluctant to use the term marriage because of the very powerful traditions it evokes. And I thought civil union laws that conferred legal rights upon gay and lesbian couples were a solution.

But over the course of several years I've talked to friends and family about this. I've thought about members of my staff in long-term, committed, same-sex relationships who are raising kids together. Through our efforts to end the "Don't Ask, Don't Tell" policy, I've gotten to know some of the gay and lesbian troops who are serving our country with honor and distinction.

What I've come to realize is that for loving, same-sex couples, the denial of marriage equality means that, in their eyes and the eyes of their children, they are still considered less than full citizens.

Even at my own dinner table, when I look at Sasha and Malia, who have friends whose parents are same-sex couples, I know it wouldn't dawn on them that their friends' parents should be treated differently.

So I decided it was time to affirm my personal belief that same-sex couples should be allowed to marry.

I respect the beliefs of others, and the right of religious institutions to act in accordance with their own doctrines. But I believe that in the eyes of the law, all Americans should be treated equally. And where states enact same-sex marriage, no federal act should invalidate them.

If you agree, you can stand up with me here.

Thank you,

Barack

これにより政治献金がどっと押し寄せたそうで…。

【米大統領選2012年】同性婚めぐり明暗 支持のオバマ氏と反対のロムニー氏
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/301910

まあ、とはいえ受け止めはこんな感じですが。

同性婚支持は「政治的」 米大統領に国民冷ややか
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120516/amr12051609440003-n1.htm

陳さんの亡命問題も少しずつ進んでいます。大使館の初動がまずかったですが、なんとか形になりそう。共和党がこの点を責めたのは仕方ないと思うし、オバマは外交面でもポイント落としてそうだなあ。

…と、一応追ってはいるんですが。

正直言って、オバマとロムニーってあんまり変わらないような気がするんですよ。黒人(白人とのハーフだけど)か、白人か、民主党か共和党かというだけで。どちらもハーバードロースクール出身だし。

オバマのほうがちょっとリベラルでお金がなくて、妻のミシェルはキャリアウーマン。一方のロムニーは裕福で、妻アンは専業主婦という違いはありますが、アンだって5人も息子がいるので、そりゃ大変なわけです。

どっちにしろ中道で、オバマは左寄り、ロムニーは右寄りなだけ。あんまり変わらない。どっちもきっと普通に会ったら頭のいい、良い人でしょう。

4年前のマケインだって中道だったですどね。ただ副大統領候補にペイリンを持ってきたのが痛かったわ。

ということで、どっちがなってもいいかなと思いつつ、まったりと動きを見ております。

…あ、今年もやってたのね。ホワイトハウス記者会主催夕食会。うっかり忘れてたぞ。

オバマ米大統領がロムニー氏を「さっと料理」、軽妙ジョークでアピール
http://www.afpbb.com/article/politics/2874982/8868162

|

May 09, 2012

世界は選挙の季節らしい

米国の大統領選、ロシアのプーチン大統領再就任だけじゃなくて、今年は国際的に選挙の季節らしくて、あちこちであれやこれや、ここ数日、ニュースが錯綜しています。というわけで、備忘録的にまとめてみました。リーマン・ショックで米大統領が代わり、イケイケだった欧州も金融危機で首脳陣が総崩れ気味。欧州では緊縮財政はとりあえず置いておこうかなという雰囲気の選挙結果ですね。アメリカはオバマが先にそれをやってるので、お茶会はじめ揺り戻しが来ているようで。

というわけで、まずはおフランス。サルコジ氏が破れてオランド氏になるそうです。こんな時はAFPで集めてみました。

AFP フランス大統領にオランド氏、現職のサルコジ氏敗れる
http://www.afpbb.com/article/politics/2876414/8905119

フランスで社会党の大統領が誕生するのは、1995年に退陣したフランソワ・ミッテラン(Francois Mitterrand)元大統領以来となる。

ミッテラン時代って銀行も国有化してなかったっけ。ふーむ。

AFP オランド氏勝利を歓迎する英国、懸念深めるドイツ 日本は…?
http://www.afpbb.com/article/politics/2876530/8906008

保守系の英大衆紙デーリー・メール(Daily Mail)は、「オー・ルボワール(さようなら)、派手好き大統領!」との見出しでオランド氏の勝利を歓迎。一方、ドイツ各紙ではサルコジ大統領の敗北が独仏関係に及ぼす影響を懸念する論調が目立つ。

AFP フランス初の「事実婚」ファーストレディー、外交に混乱もたらすか
http://www.afpbb.com/article/politics/2876761/8907593
47歳のトリルベレールさんは2度の離婚経験があるジャーナリストで、10代の子どもが3人いる。今後もジャーナリストとしてのキャリアを続け、ファーストレディーの仕事と兼務すると語る

これはどっちでもいいなw

イギリスのほうも大変なようで。

英 連立与党が地方選で大敗
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120505/k10014900271000.html

BBC David Cameron and Nick Clegg to 'relaunch coalition'
http://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-17986209


メルコジといわれた独仏の蜜月はどうなるのか…。サルが負けたのは緊縮財政だからという点が大きいし。

産経 野党勝利も独仏関係に揺らぎなし ギリシャ政治が懸念材料欧州専門家の見方
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120507/erp12050710490002-n1.htm


でも市場は揺らぎなしとは見てないみたい。

ロイター ユーロ全面安、選挙受け財政緊縮に不透明感=NY市場
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE84605L20120507


問題はギリシャか…。

読売 ギリシャ第1党、連立交渉失敗…再選挙の可能性
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120508-OYT1T00532.htm

今後、第2、第3党に引き継がれる連立交渉は更なる難航が予想され、6月にも再選挙が行われる可能性が高まった。同国での政治空白が長引けば財政再建が遅れ、欧州の財政・金融危機への不安が再燃するのは不可避だ。

読売 ギリシャ緊縮策反対派、連立交渉を開始
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120508-OYT1T01145.htm
第1党となった緊縮策支持派、新民主主義党(ND)による連立交渉が7日、わずか6時間で失敗したため、第2党に託された。


イスラエルでは選挙のはずが、大どんでん返しで大連立に。微妙にきな臭い感じがするのは私だけでしょうかね。

イスラエルでは大連立…繰り上げ総選挙見送りへ
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120508-OYT1T01244.htm

イスラエルのネタニヤフ首相は8日、最大野党のカディマと大連立を組むことで合意したと発表した。首相が前日表明した、9月4日の繰り上げ総選挙実施は見送られる公算となった。

シリアもどうするんだろう…。

ロイター シリアで複数政党制の議会選、反体制派はボイコット
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE84701420120508


おまけ

ロイター メキシコ大統領選討論会、注目集めた「勝者」は元プレイメイト
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE84700K20120508

プレイメイトは大統領候補者じゃないそうですw

|

プーチン大統領再び

プーチンがいよいよ大統領に就任しました。この映像やたらカッコイイですね。それにしても背格好が現007役のダニエル・クレイグにそっくりだことw さすが元スパイです。

AFP プーチン氏、ロシア大統領に就任 4年ぶりの復帰
http://www.afpbb.com/article/politics/2876555/8907494

とても張り切っているようで、次々指示を出しているそう。

NHK プーチン大統領 外交・国防への動き
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120508/k10014955511000.html

4年ぶりに大統領に復帰したロシアのプーチン大統領は、7日、外交や国防に関する大統領令に相次いで署名し、日本を含むアジア太平洋地域との協力関係を発展させるほか、北極海や極東を中心に海軍力を強化するよう指示しました。

今日のNHKBSのワールドWaveでは、少子化が国力を衰えさせると懸念しているとレポートしていました。ソ連崩壊後、急速に人口が減少しているそうで、中国国境では人口バランスが崩れてしまいそうだと。どこかの国と一緒ですね。

いや、張り切っているのはいいんだけど、早速これかい!

ロイター 大統領返り咲きのプーチン氏、就任当日にアイスホッケーで汗
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE84701F20120508

Putin

|

FORWARD

オバマが5日、オハイオで選挙戦を本格始動したそうです。事務所開きもしているし、短編映画も作っていたんですが、今回はキャッチフレーズが発表されたようで、これで本格始動ということらしく。

注目のキャッチフレーズは「Change」…なわけはなくて、「Forward」だそうですよ。

映像はミシェルの演説から始まってますが、4本あります。順番にどうぞ。それにしても凄い人出だったようです。

CNN オバマ陣営、再選へ向け本格始動 スローガンは「前進」
http://www.cnn.co.jp/usa/30006482.html

毎日 米大統領:選挙戦開始を宣言 新キャッチフレーズ「前へ」
http://mainichi.jp/select/news/20120509k0000m030046000c.html

再選へオバマ氏始動 激戦州でロムニー氏攻撃
http://www.47news.jp/CN/201205/CN2012050601001055.html


共和党ではサントラムがようやくロムニーをエンドース。

CNN サントラム氏がロムニー氏支持を明言 米大統領選
http://www.cnn.co.jp/usa/30006508.html

AP Santorum endorses one-time rival Romney
http://hosted.ap.org/dynamic/stories/U/US_SANTORUM_ROMNEY?SITE=AP&SECTION=HOME&TEMPLATE=DEFAULT&CTIME=2012-05-07-23-20-44

でもロン・ポールは辞めません。

LAT Ron Paul continues delegate offensive, wins big in Nevada, Maine
http://www.latimes.com/news/politics/la-pn-ron-paul-continues-delegate-offensive-wins-big-in-nevada-maine-20120507,0,2060053.story?track=rss&utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter&dlvrit=104530

経済がなかなか良くならないからなのか、4年前の期待が大きすぎてガッカリしている人が多いのか、オバマとロムニーは互角の戦いらしいです。

ロイター 米大統領選の激戦州、オバマ氏とロムニー氏の差縮まる=世論調査
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE84701N20120508

ラスムセン調査では逆転もされていたりしなかったっけ。

オバマも必死です。

オバマ大統領、ローリングストーン誌の表紙に
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/story.html?q=aolmusic_20120430_eaf0b47a913c36e6e5b4

オバマ陣営に寄付して俳優クルーニーさん宅で夕食を 米大統領選
http://www.cnn.co.jp/usa/30006318.html

クルーニーw。やはり映画「スーパー・チューズデー」見ようかな。

|

May 04, 2012

陳氏を救えるのかーオバマの試練

陳氏解放・再監禁事件について、中国に詳しくない私が言及するのもどうかと思うんだが、こんな情報が出てきたわけで、これはオバマウォッチャーとしては注目せざるをえない。

時事 「オバマ政権の恥」=陳氏めぐる対応批判-ロムニー氏
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012050400108

産経 陳氏処遇でオバマ政権に非難噴出 米共和党、政争材料に
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120504/amr12050410020002-n1.htm

確かにこれはマズイですよ。現在の状況はこちら。

中国新聞 陳氏の亡命実現、直ちには困難視 米、大使館離脱で
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201205040086.html

産経 活動家の陳氏が出国希望 家族と再会…一転、米大統領に協力要請
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120503/chn12050308240002-n1.htm

CNN(電子版)によると、陳氏は翻意の理由を「自らと家族の身の安全のため」と説明した。妻が再会前、地方当局者によって2日間にわたって椅子に鎖でつながれ、尋問されたと主張。「中国に居続ければ何事も起こりうる」と語り、身の危険を感じていることを明かした。
陳氏は渡米を希望する一方で、「私に大使館を出ていくよう仕向けた」「(付き添うはずだった大使館職員が)病院到着直後にいなくなった」と米国に対する不信感もあらわにした。

真相はわからない。福島香織さんのツイートによれば、「胡錦濤がオバマにホットラインで、陳光誠を保護したことは公開しないでくれといって」きていたらしいので、大使館が胡錦濤が安全を保証しているからと大使館を出るよう促したなんてことはありそうとか、空想はできるけど、それだけ。

陳氏についてはNewsweekのふるまいよしこさんの記事が詳しい。

「中国 風見鶏便り」
盲目の活動家、陳光誠氏の訴え
http://www.newsweekjapan.jp/column/furumai/2012/04/post-493.php

妻はすでに左の大腿骨を彼らに殴られ、たぶん骨折していると思います。触るとそれを感じることができるのです。腰も彼らに布団にまかれて殴る蹴るを受け、現在は骨がはっきりとわかるくらいに飛び出しており、左側の十番目と十二番目の肋骨も傷を受けているのを触って確認できる状態です。さらにひどいことに連中は殴った後も医者にかかることを許してくれません。

酷いわ。これは酷い。クリスチャン・ベールが中国で殴られたのもこの件だったとは。

この件、オバマにとっては大きな失策になりそう。陳氏が電話で米議会に直訴していたが、北京滞在中のヒラリーがなんとかできるんだろうか。ヒラリー、頑張って!

産経 米中戦略対話 陳氏処遇が影、「人権」最優先に
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120503/chn12050320580007-n1.htm

CNN 陳氏、渡米支援を米議会に直訴 米中対話では人権が議題にhttp://www.cnn.co.jp/world/30006466.html

| | TrackBack (0)

May 03, 2012

ギングリッチ退場

共和党の大統領候補者がロムニーに一本化される中で、一人、いや、ロン・ポールもまだ撤退していないけど、選挙戦を続けていたギングリッチ。ようやく選挙戦をやめることになったようです。

CNN ギングリッチ氏が撤退を正式に発表、共和党候補者争い
http://www.cnn.co.jp/usa/30006457.html

「ミット・ロムニーか、米国史上最も急進的な最左翼の大統領かという選択だ」

という感じで、ロムニーを支持すると表明している割には、否定的だけどね。


現在の代議員獲得数はこちら(NYT)
ロムニー 847
サントラム 259
ギングリッチ 137
ポール 80

これから本格的な大統領選が始まるようです。

|

オバマ、アフガンを電撃訪問

ビン・ラディン殺害から1年で、オバマがアフガンを訪問したそうで。

え〜そうだっけ、と思ったら、確かに…。

jin and tonic ビン・ラディン死亡についての声明
http://jinandtonic.air-nifty.com/blog/2011/05/post-6b07.html

以下、ニュースまとめ

ロイター 米大統領がアフガンを電撃訪問、ビンラディン殺害1周年に
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE84006H20120501

日経 米軍、14年以降もアフガン駐留継続へ 戦略協定に署名
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C9381959FE2E0E2E1958DE2E0E2E7E0E2E3E09494E3E2E2E2

CNN 米大統領、「アフガンでの任務、責任持って終わらせる」 アフガン電撃訪問で演説
http://www.cnn.co.jp/world/30006449.html

AFP タリバン、「米アフガン協定は正当性欠く」 カブールで自動車爆弾攻撃
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2875667/8883197?ctm_campaign=txt_topics

以下、アフガン訪問の様子です。

アフガンの演説

アフガンの米軍を慰問


野田首相との首脳会談はサービス満点だったけど、その直後にアフガン訪問ですから…。同盟国としてカモフラージュに協力できて光栄です。はい。

ジョン・スチュワートが、共和党のオバマへの批判をコケにしているらしい。オバマがビン・ラディンの殺害を手柄のように言っているって、共和党はdisっているそうなんだ。で、もし共和党がビン・ラディンを殺害していたら…というものだそうです。大福姐(conanboxer)さんのツイートから拾いました。

The Daily Show with Jon StewartMon - Thurs 11p / 10c
Victory Lapse - The Anniversary of Osama bin Laden's Death
www.thedailyshow.com
Daily Show Full EpisodesPolitical Humor & Satire BlogThe Daily Show on Facebook

あと、これ素晴らしいわ。米国ホワイトハウスのサイトでは、自分が納めた税金がどのように配分されてるのかが誰にでも具体的にわかるサイトを作って最近発表したそうなんです。このリンクはTrinityNYCさんのツイートからいただきました。

ホワイトハウス YOUR FEDERAL TAXPAYER RECEIPT
http://www.whitehouse.gov/2011-taxreceipt

防衛費25%は半端ない! 日本もこれやってから、消費税増税とか言ってほしいですわ。Tax

<追記>
オバマ大統領の暗殺計画=ビンラディン容疑者文書で判明-米
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201205/2012050400292

アルカイダ指導部は、大統領の職を引き継ぐ用意ができていないバイデン氏が大統領になれば、米国は混乱に陥り、危機にひんするとみていた。
バイデンってそこまで無能じゃないと思うけど…。(クエールじゃないんだからさあ…)

|

« April 2012 | Main | September 2012 »