« 共和党大会にクリント登場…イス? | Main | ロムニーが共和党大統領候補に »

September 01, 2012

副大統領候補、ポール・ライアン

そんなわけで続きです。

ミット・ロムニーが共和党大会で指名受諾演説を行いまして、ポール・ライアン下院議員を副大統領候補とし、大統領戦を戦うわけです。ポール・ライアンはお茶会にも支持されている財政緊縮派だそうです。

共和党大会での演説

ポール・ライアンの演説原稿(英文)
http://www.politico.com/news/stories/0812/80423.html

AFP ポール・ライアン副大統領候補が指名受諾演説、共和党全国大会
http://www.afpbb.com/article/politics/2898120/9436722

CNN 共和党ライアン副大統領候補が指名受諾演説 米大統領選
http://www.cnn.co.jp/usa/35021125.html

WSJ ライアン共和党副大統領候補:オバマ氏の時代は終わり-演説
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M9JZTF6JTSEO01.html

英語のわかる方は聞いていただければと思いますが、「フリーダム」がテーマみたいですね。といっても英語はわからないので、報道されたものを要約すると、「オバマは4年間で雇用を増やせず、社会主義的なメディケアを拡充し社会保障費を増やして債務を拡大し、金融に制限をかけて自由を奪った。オバマとは決別し、増税をやめ、財政緊縮し、自由を取り戻そう」という感じでしょうかね。さすが、お茶会からも支持されているだけあります。

どうして医療保険がそこまで嫌いなのか。医療保険と自由は別問題と私は思いますけれど、共和党の人は嫌いなんだよな。でもロムニーはマサチューセッツ州知事の時、オバマケアと同様の制度を導入したので、あまり批判するとブーメランになると思います。余計なお世話ですが。

ウィキによればこんな人です。

Wiki ポール・ライアン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3

メディケイド(低所得者医療保険制度)、ペル奨学金、フードスタンプ(政府発行の低所得者向け食糧クーポン)、低所得者向け住宅の予算削減など、徹底した小さな政府を目指す。

(以前掲載されていたアイン・ランドの思想についての解説部分が抜けてる! 滝川クリステルの記述も削除されたよう。意図的な悪意ある表記だったから当然とは思うけど、つまらないな)

ポール・ライアンはアーチェリーが得意だったはず。Paul Ryan Deer Hunterで検索すると、仕留めた鹿とともに写った写真も出てきます。ここは共和党っぽい強い男のイメージですね。鍛え上げた体も話題になっているようです。

ニューズウィークはこの演説に対し、辛辣なコラムを載せています。「人間というものは、自分が持っている世界観の中でしか認識できないのだ」という表記は、日本の現状にも置き換えられるなあ(泣)。

NW 共和党の副大統領候補ライアンの嘘八百
http://www.newsweekjapan.jp/stories/us/2012/08/post-2668.php

ライアンは、ゼネラル・モーターズ(GM)の経営破綻をオバマ大統領のせいにするが、実際はブッシュ前政権時代に既にほとんどの工場が閉鎖され、大量の失業者が出ていた。また、メディケア(高齢者医療保険)の予算カットを批判しているが、これもライアン自身が下院予算委員長としてまとめた予算だ。こうしたあらゆる問題をめぐる彼の歪曲ぶりは誰が見ても明らかで、めちゃくちゃだ。

 しかし私たちはもう気付いているはずだ。人間というものは、自分が持っている世界観の中でしか事実を認識できないのだ、と。

[追記]

クルーグマンはライアンをやっぱり批判してますね(笑)

道草 クルーグマン「メディケアつぶし」(NYT,2012年8月30日)
http://econdays.net/?p=7034

でも,ライアン氏はこういうのより大きな嘘をついている――そう,「大嘘」と呼ぶにふさわしいしろものだ.「ロムニー=ライアン政権はメディケアを守り強化します」という主張がその大嘘だ.実際にはこのプログラムをつぶすことになるんだから.

えええ、メディケアを守るって?(うっそ〜)と思ったらバウチャーケアを考えてるそうです。なにそれ。バウチャー以内の病気にしかならないなんて保証はないじゃないですか。それ以降は莫大な費用がかかるわけですか?


ハフィントンポストではライアンのマラソン記録擬装なんていうどうでもいい問題を取り上げているようです。

Paul Ryan: Marathon Time Claim Not True
http://www.huffingtonpost.com/2012/09/01/paul-ryan-marathon-time_n_1848715.html

"I had a two hour and fifty-something" marathon, Ryan said last week an interview. "I hurt a disc in my back, so I don’t run marathons anymore."

But the Ryan campaign confirmed to Runner's World that he has only run one marathon, the 1990 Grandma’s Marathon in Duluth, Minnesota, which he finished in just over 4 hours.


2時間50分台の記録があると発言したそうですが、実際は1990年の4時間ちょっとの記録しかなかったそうです。そもそもマラソンって4時間切るの大変らしいですから、ランナーさんは怒りそうですね。

この記事でもクルーグマンが登場してます。上手く訳せないので竹田圭吾さんのツイッター訳を使わせていただくと「こういう細かな嘘に人格の奥深い部分が表れる」だそうです。クルーグマン先生、本当に緊縮派が嫌いだな。

ABCニュースによれば、ライアンのスピーチライターは、サラ・ペイリンのスピーチライターです。盛り上げるのはウマそう。

|

« 共和党大会にクリント登場…イス? | Main | ロムニーが共和党大統領候補に »

米大統領選」カテゴリの記事