« 副大統領候補、ポール・ライアン | Main | 今後の米大統領選日程 »

September 01, 2012

ロムニーが共和党大統領候補に

そんなわけでいよいよロムニーです。

ロムニーの指名受諾演説

ロムニーの演説原稿(英文)
http://www.foxnews.com/politics/2012/08/30/transcript-mitt-romney-speech-at-rnc/


演説はオバマ批判に終始しているわけです。演説中、オバマ、オバマ、オバマの連呼。英語が苦手な私にもわかります(笑)。批判はいいけれど、もっと未来を語った方がいいと思うわけですが、余計なお世話でしょうね。でも、スピーチライター変えたほうがいいんじゃないかしら。

演説の中で最もひっかかったのはジョブズのところでしょうか。

このビデオの23分くらいから、米国の成功者としてスティーブ・ジョブズを例に引いてます。ジョブズは一度、解雇されたけれど、再び成功した。アメリカの自由な起業制度は素晴らしいみたいなことを言っているんだと思うんですが(適当ですみません)、ただ、それまでさんざんオバマが経済政策に失敗していると批判しているので、「オバマは失敗しているけれど、もう一度可能性がある」って言いたいのか?とツッコミを入れそうになりましたよ。聴衆も微妙に拍手していいのかどうか迷っていましたね。

「私ならばミドルクラスの増税はしない」と言うところも謎でしたね(30分くらい)。オバマは富裕層には増税するけれどミドルクラスは減税するんじゃなかったでしょうか。ミドルクラスとは何かの問題かもしれないですが、ミスリードは良くないと思いますよ。

演説の全体像はこちら。

日経 共和ロムニー氏「雇用1200万人創出」 指名受諾演説
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM3101O_R30C12A8MM0000/

「1200万人の新規雇用を創出するための5つの計画がある」と表明。計画は(1)石油、天然ガス、原子力などの活用による北米でのエネルギー自給実現(2)雇用増大に向けた技能訓練の提供(3)新たな通商合意の促進(4)財政赤字削減と均衡財政の実現(5)中小企業支援への法人減税と規制簡素化――の5つと指摘した。

産経 「人間・ロムニー」を演出 冷徹さ封印、宗教“解禁” 共和党候補指名
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120831/amr12083122080008-n1.htm

ロムニー氏が演説で公約した「1200万人の雇用創出」には、早くも民主党から「根拠を提示していない」との批判が噴出している。妊娠中絶や同性婚に懐疑的な姿勢は保守層に歓迎される一方、無党派層の離反を招きかねない。

既に具体策はないと、指摘されているようですね。

でも気になったのは別のこと。ロイターのコラムでも言われているのですが…

ロイター コラム:問われる「ロムニー大統領」の本気度
http://jp.reuters.com/article/jpUSpolitics/idJPTYE87U04H20120831?pageNumber=1&virtualBrandChannel=0

ロムニー氏も、ブッシュ元大統領やゴア氏のように見える。

情熱を感じないというのは、多用していた「嘲笑」のポーズにも感じます。首をすくめたり、まゆを八の字にしたりしてオバマを揶揄する場面ですね。

2000年の選挙でゴアがジョージ・W・ブッシュに敗れた理由は、討論会でジョージを鼻で笑ったりしたから、と言われていますが、ロムニーの演説にもその「傲慢さ」を感じたわけです。私だけかもしれませんが。

下院で民主党が負けて以来、オバマ政権が景気浮揚策を実施したくても、予算権限(下院)を握る共和党が妨害しているように私には見えているわけです。それは経済学者のクルーグマン氏も主張しているわけですが、その結果、景気が回復せず雇用が伸びていないわけで、それをないことにして、オバマを嘲笑しているように見えてしまうわけですね。もちろんクルーグマンもオバマ寄りだと思われますし、オバマウォッチャーが何を言うかでしょうけども。

米金融業界がオバマを見放したそうで、ロムニーに資金が集まっているそうですが、リーマン・ショック後にはジョージも規制策を打ち出していたと記憶しています。やらざるを得ない状況ってあるわけです。GM支援もロムニーは批判してましたよね。

そんなわけで、今後、英語のわかる方々の分析が出てくると思うので、見つけたら、追加します。ではでは。

[余談]
読売 共和・ロムニー氏、「日本」言及この1か所だけ
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120830-OYT1T00221.htm
どっちでもいい。

産経 共和党大会にブッシュ父子らの姿なく…無党派層アピール優先
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120828/amr12082822260011-n1.htm
あらあら…。ビデオ出演はしたようだし、前フロリダ州知事のジェブは来てたようだけどね。


[追記]
日経にこんな記事を発見しました。

日経 ビジネスをつくったのは誰…オバマ発言が波紋
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM30027_Q2A830C1000000/

有料なのでとりあえず記事の主旨を紹介すると、オバマは7月13日、成功した起業家も完全に一人の力でそれを成し遂げたわけではないという意味で「You didn't build that」と言ってしまったそうです。これを成功した起業家を自負するロムニー陣営が突いてきた。共和党大会では「We built it」という標語まで掲げられたそうです。そういえばあったような…・

これを読んで、ロムニーがなぜ演説で起業家の話に重点を置いていたかにようやく合点がいったわけです。「成功を謝ったりしない」なんて繰り返すのは意味不明じゃない?と思っていたので。

でも、この背景を知って一層、起業家としての成功をあまり強調しすぎると傲慢と受け取る人が増えてしまうんじゃないかとの懸念を強くしました。ロムニーは起業家ですが、もともと実業家で後に知事になった人の息子ですから…。

AFP ロムニー氏の支持率、共和党大会後も横ばい 米大統領選
http://www.afpbb.com/article/politics/2899107/9455261

共和・民主両党の全国大会後は各大統領候補の支持率が大幅に上がるのが通例とされているがロムニー氏の支持率にその動きは見られず、両氏の支持率が拮抗している状況は続いている。

NW ブッシュ徹底排除、共和党員の複雑な本音
http://www.newsweekjapan.jp/stories/us/2012/09/post-2670.php


ロムニーの本ってこれくらいしかない…

|

« 副大統領候補、ポール・ライアン | Main | 今後の米大統領選日程 »

米大統領選」カテゴリの記事